天理教のリアルな一部


ある読者からいただいたメールを紹介したい。読んでいただければ分かるが、私の狭い経験とは比べものにならないほど言葉に深さが感じられる。メールでやり取りをさせてもらったが、とても紳士的で社会人として好感が持てる方である。なぜ、こういった人間的魅力がある人材ほど天理教を離れていくのかは議論の余地があると思う。宗教ハラスメントという点を注意して読んでほしい。天理教人の一部に、こういった人がいるというよりも、天理教には多かれ少なかれ、このようなシステム的な負の共通点があることを私は強調したい。
以下、引用する(体裁は文意を損なわない程度に修正した)

------------------------------------

私は天理教の末端教会の長男に育ち、純粋な天理教の信仰生活と教団組織の現状や構造との乖離に疑問を持って育ってまいりました。そして、不条理な構造を維持しようとする既得権益どっぷりの教団や理の親と呼ばれる組織の支配者たちに対して、改革の声をあげたくても、仮にあげたとしても、もはや糠に釘で、本当に末端の教会の後継者や信者たちは無力だとほぼあきらめている状況の人間でもあります。「陽気暮らし、世界たすけ」とは名ばかりの形骸化した教団組織なら、もはやいらないとさえ思っております。組織が沈没しようが教えは変わりませんから。個人で教祖中山みきのひながたを求道していけばいいのだと。今は実社会で、自分のできることをしっかりと行い、自分の生活費は自立して自分で稼ぎ、人生の拠り所として教祖の教えを慕い、教団組織とはほぼ関わらずに、悠々自適に陽気に暮らしております。ある意味、末端教会だったからできた教団から距離をとることかもしれません。

天理教の、とくに理の親に都合の良いようにコントロールされている末端の側の人たちは、明らかに人間として不条理な命令だとしても素直に言うことをきいておられる方がたくさんいらっしゃいます。

また中には、私のように、これってどう考えてもおかしいよなと思いつつ、しかしその疑問を持ったり、怒ったりするだけで神に背いたのではないかと、大変強い罪悪感に苦しめられる人間もたくさんいます。

ちなみに私は「理の親」から酔っぱらって何度も差別的な発言をされたり、夜中怒鳴って電話をかけられたり、無理やり進路を強制されたり、詳細は書けませんが他にもありとあらゆるパワーハラスメントを受けてきました。通常世間一般では許されないでしょう?といったことも、泣き寝入りしてきました。

実はこれらを天理教教会本部(渉外課)に訴えたことがあるのですが、理の親の会長と相談しなさいと言われました。しかし、その理の親(一つ上級も大教会も)こそが元凶で頭がおかしいのだから、まさに犯罪者と警察組織の癒着のようなもので、結局逃げる(関わらないようにする)しかありませんでした。もうこの組織に自浄作用はありませんね。

カインさんも書いておられますが、

>>その脅迫的な悲しみを生んだシステムを採用している以上、共犯である。

本当に同感であります。

きわめて閉鎖的な、まるで表沙汰にならない中学校の悪質なイジメ、および周りの権力者による隠蔽に近いものを感じます。第三者機関に監視、監査していただくわけにはいかないものでしょうか。

人は権力(しかも神の)を手にすると、一般的な人間としての感覚が麻痺するのでしょうか?虎の威を借る狐ならぬ神の威を借る凡人 が神様をバックに自分の都合のいいように人をコントロールする。状況によっては何でもアリの恐ろしさを感じます。某教団を思い浮かべてしまいますが。

もちろん、理の親と呼ばれる立場の方が、素晴らしい信仰的指導者で、その方に絶対について行きたいと思う方が、その方を慕い、その方の言うとおりに自分の人生の指南を仰ぐことは否定はいたしません。その方の教会に所属し、たすかり、信仰生活を続け、お供えもできる範囲でしていく、こんな結構なことはいうまでもありません。

しかし三代、四代ともなってくると、理の親しばり、はともすると究極のパワーハラスメントにもなることはもう実証済みなわけで、独立希望の教会は、本部直属にするなど改革は望まれす。

個人の幸せの実現のためにあるのが信仰のはずなのに、組織の繁栄を優先するために各個人が自分の幸せを一生をかけて犠牲にする。まさにカルトであります。こんな無理が続くわけがありません。

天理教の純粋な信者たちは、理の親に対して、教祖のおっしゃる教理との乖離に、疑問や不満をもつことでさえ大きな罪悪感を感じ、それを抑圧して苦しんでおられる方がほんとにたくさんいるんです。

植田先生のブログにも救われました。

また私はこれまでも現教団体制にまったく疑問を持たない私の両親に、そんな疑問や不条理を訴えてたことがたびたびあったのですが、いっさい耳を貸さないですし、むしろ不足するなと一喝されるのが落ちでした。

しかし、カインさんの正論を両親に読ませたところ、やや最近は、教祖の純粋に素晴らしい教えの実践と、一部既得権益を固持したい権力者(理の親たち)が間違ったコントロールをしてきたという事実を分けて考えてくれるようになってきました。(たとえば、純粋な真心のお供えVS暗黙の強制のお供え要求)人をコントロールするために俺の言うことを聞け→理を立てろ、こんな教理はない等)

そして私自身も最近、教団に対して疑問や不快を持つことに対する罪悪感およびマインドコントロールも多少和らぎ、私のスタンスは、もはや現教団組織には期待も協力もせず、自分の日常生活で教祖の教えを精一杯実践し、世の人々のためによき影響力をなるべく残せるように努力していくことだと思っております。
-------------------------------
tenrikyosyakaigakulavo@hotmail.co.jp

天理教のリアルな一部」への10件のフィードバック

  1. 匿名

    1. 同感です。
    私も同じ思いです。
    中にいては、なかなか難しいかもしれませんね・・・。。。

  2. 匿名

    2. 無題
    私は一信者ですが教会の子息ではなく、常に蚊帳の外。天理関係の集まりではいつも居場所のない疎外感を感じてきました。中にいれば中の、外にいれば外の悩みがあるものだな、と感じます。

    長い目でみれば、「理の親」の仮面をかぶって暴言を吐く勘違い御仁には神様がそれなりの手入れを下さると思いますが(見分け仕分けは神がする、のお言葉通り)、困るのは選択肢や思考する猶予を剥奪される理の子の方でしょうね。

    知人に、教会の長男で天理高校から某大に行き、弁護士として活躍中の方がいます。これができたのは、実質的に後継者となりうる弟さんがいたことと、部内の会長さんたちに理解があったことによります。部内の雰囲気は部内ごとに少し異なるようですね。
    私としては、やる気のある人が後継者に立候補し投票で決めるか、兼業を悪と見做さない雰囲気を作るかしてはいかがか、と。現に、医者や教授兼会長さん、はどうされているのかぜひ聞きたいです。

  3. 匿名

    3. スキット!
    おかしいなと思うのは、今、売出し中の「スキット」ですが、教外の著名人と教内の世間的に立派な立場の人が登場しますが、この道一筋に、歩んでこられた名も無い真実の人は取り上げられません。

    空の星は見えても、地上の星は見えないのでしょうか・・。

    やっぱり、成功した商売人や、弁護士や、劇画家や、医者や大学教授は立派な人という評価なのですね。

    最近のおぢばでの講習会等も、年限の浅い教会長が対象です。

    ベテランの教会長と若い教会長とが交流するとマズイのでしょうか!

    ベテランになると天理教の本質を見抜いている人がいますからね・・。

    ちょっと、マインドコントロールに走っているように感じますが・・・・・

  4. 匿名

    4. 無題
    植田先生は僕が産まれる前から訴えられていた教団組織の欠点。
    最近、ネットで知りました。
    何年訴えてもこの有り様ですが、教祖大好きな若者たちがwebでの情報共有によって変えれるといいですね。
    今の教団のシステム教祖はなんと思ってみているのでしょうか??
    教祖からはじまった天理教の霊脈は、まだ今の教団に続いているのでしょうか??
    天理教から見たら異端と呼ばれる教団も教祖から見れば・・・・と考えてしまいます。
    人をみて信仰しないで神様中心に信仰すれば良いとは分かっていますがなかなかできません不足に思っています。
    組織に所属せず信仰を続けて行き、仮ににをいがかかり別席などの事務的な手続きのいる事もありますし、なにか良い方法ないですかね。

  5. 匿名

    5. 無題
    初めてブログを拝読
    させて頂きました。
    本当に天理教が好きなんですね。
    もっと親神様に寄り添って
    みてはどうでしょうか。

    おぢばの高校生より。

  6. 匿名

    6. 質問
    >たかしさん
    「親神さまに寄り添う」とは具体的には、どういうことだと思いますか。
    教えていただけますか。

  7. 匿名

    7. 賛同しますが???!!!
    賛同します。が、改革等はもう遅いような気がします。出直すしかないのでは。何時になるかわかりませんが。お道教内ではツイッター革命は出来ません。所属する大教会、直轄部内の月次祭を見ても10代20代の若い人が見受けられません。高齢者だけです。それも女性。結界内が多いくらい。末端教会においては16人すらいないのです(お道の人はわかります)。

  8. 匿名

    双名島は、一信者が債務者で、借りた人に返済しなければならないのに、お布施を取るらしいですね!道徳的道義的におかしいですね。心から信心してる人まで同じと思われるのが不憫で仕方ないです。天理教の名前汚しですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。