天理教は衰退を止めることができるのか


天理教人から封筒が郵送された。「諭達第三号」と「大望」と「教会報」が入っていた。もちろん頼んだ覚えも連絡もなく、勝手に送りつけられた。

「諭達」は、天理教の重要なイベントを迎える際に、真柱(天理教のトップ)から信者に向けて発表される所信表明文である。重要なイベントとは3年後に教祖が誕生してから130年の区切りを迎えることである。天理教では「3年1000日」という概念があり、イベントの3年前から準備を始めることが多い。3年は1095日だから1000日からは1割近くもオーバーしていることになるが、理由は分からない。「諭達」は天理教人向けの所信表明であり、外にいる私にはあまり言葉の意味が理解できない。一つ分かったことは全国のほとんどの教会に掲げてある「感謝•慎み•助け合い」というスローガンが書かれた垂れ幕は、天理教人に向けてのものだということである。「諭達」から私が読み取れたのは「天理教人よ、感謝、慎み、助け合いをしろよ」ってことなんだと思う。https://sites.google.com/site/yutatu3rd/

「大望」というのは、天理教の青年部が発行するA5サイズ?で厚さ3mmほどの小冊子である。驚いたことが2点あった。一つは、これが月刊誌であるとういことである。我が家には年に2、3回しか届かない。加えて100円もするようだ。天理時報のように、もちろん購読申請していないし、お金も払っていないので、数ヶ月に1度でも文句は言えない。もう一つ驚いたことに、今月号に作家、適菜収のエッセイが載っていることである。彼は哲学者ニーチェに関する著書をいくつか書いている。「大望」では当たり障りのない文章であったが、私が時折目にする産経新聞での記事では、愛国保守というべきか、タカ派というべきか、非常に攻撃的色彩が強い。私が驚いたことは彼の思想ではない。彼の思想を天理教の媒体が採用していることである。彼のブログを見ても政治色が強く、かつ攻撃的である。http://ameblo.jp/tekinaosamu/ ニーチェのキリスト教批判や、適菜収のB層批評は、一歩下がれば「天理教社会学研究所のカインは何を偉そうに言ってんだ」と同等の反感を買う危うさがある。

天理教青年部が、なぜ攻撃的な思想の持ち主に記事を依頼したのか。理由を考えてみると①天理教青年部は執筆依頼をした人間を間違えてしまった②天理教青年部に存在する「改革的気運」を反映したかった。私にはこの2点しか思い浮かばない。①であれば残念な組織であるが、②であれば古典的な既成組織に新しい風を送ろうとしているのかもしれない。しかし、まぁ私の知る限りにおいて、「ニーチェやゲーテならこう言うだろう」という点においては勉強になるが、彼の思想が市場や論壇に定着しているとは言い難いので①が妥当かなと思う。天理教青年部編集者は、彼の書籍や思想をちゃんと下調べしたのだろうか疑問である。

もし天理教青年部が「天理教批判されようとも天理教も変わっていかないといけない。ここはきちんと改革的思想を表現してもらおう」と執筆依頼したのであれば私は評価したい。私に執筆依頼してくれれば、硬直した天理教組織批評ならいくらでも書くんだけど。

tenrikyosyakaigakulavo@hotmail.co.jp

天理教は衰退を止めることができるのか」への5件のフィードバック

  1. 匿名

    1. 無題
    青年会発行の雑誌は、月刊誌「大望」と季刊誌「あらきとうりょう」があります。
    だいたい青年会の出版物に執筆される著名人は、適菜収さんはじめ、いわゆる「保守的」で右寄りな文化人が多いです。青年会主催の講演会しかりです。
    たとえば、西部邁、渡部昇一、日下公人、石井英夫、堺屋太一、西尾幹二、手嶋龍一、金美麗などなど。他にもいらっしゃいますが、まぁバックナンバーをご覧頂いたら、そうそうたる保守論客が登場されています。
    思うに、伝統とか忠義とか、親孝行ということに天理教の教えや体制が共通しているのかなと。
    間違っても、田嶋陽子や上野千鶴子などは教内機関誌に執筆しないでしょう。

    *産経新聞の「正論」に執筆されてるメンバーが多いのかな?
    ちなみに天理教の教会育ちの学者で遺伝子の権威・筑波大学名誉教授の村上和雄さんも正論メンバーです。

  2. 匿名

    2. Re:無題
    >ザックさん
    しょうじきいって青年会本部は完全な守旧派ばかり。教団改革の意識なんて何もないですよ。だって、連中はみな本部員とか大教会子弟ばかりですからね。改革されたら困る立場の人たちなんです。一番、あらきとうりょうらしくないのがこの青年会本部だと思う。

  3. 匿名

    3. 特高警察
    興味深く拝見しました。
    むかし、保守派の論客の大日本帝国憲法を復活せよ(うろおぼえですが)といった内容の文章をあらきとうりょうが載せたときは、こけました。また、弾圧されたいの?。青年会の発想には、あらきとりょうが誕生したころから、どこか、特高に近いように思います。民主主義・自由主義大嫌い。→慎み大好き。結局、慎みはことあげ禁止です。

  4. 匿名

    4. Re
    僕も、ようぼくなので一生懸命頑張って親神様に喜んでいただけるようになります。そして、親様百三十年祭に向けて人助けに頑張りたいと思います。

  5. 匿名

    天理教青年会はあらきとうりょうにあらず、かれきとうりょう(枯れ木棟梁)である。
    他のコメントにもあったように、青年会本部は改革や改良や新企画をだそうなどという意識は全く無く、
    ただ親の言うことを鵜呑みにすることが、すなおと解釈し、なんの覇気も感じられない正に
    枯れた若者の集まりである。
    そんな青年会に魅力を感じる者がいるだろうか。
    青年会総会に人が集まらないことを、ただ何の策もなく嘆くだけでなく、原点にもどって考えてみたらどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。