震災支援 天理教が集めている募金は適正に管理され使途不明となっていないかー東日本大震災を参考に

熊本地震において天理教は様々な支援をおこなっている。これらは今回の熊本地震に限らずに歴史も長く規模も大きい。行政からの一定の評価もあるようだ。 最も規模が大きかったと思われるのが、3.11東日本大震災であった。現場での瓦礫撤去から医療支援、生活支援など多方面に渡る活動が長期間おこなわれたことは高く評価したい。今回の熊本地震でも発生直後から天理教の災害救援隊ひのきしん隊が活動開始したようである。一人でも多くの方の支援になってほしいと祈らずにはいれない。また東日本大震災の際には総額9億2000万円余りの募金を天理教は集めた。金額も大きく、このお金が有意義に使われていると信じたい。

天理教の災害救援隊も含めてボランティアの力というのは非常に復興への大きな戦力となる。一方、今回の熊本地震ではボランティアを見る人々の目も変わってきているように感じた。ボランティア元年と言われた阪神淡路大震災では、都心ということもあり多くのボランティアが殺到したと記憶している。そして東日本大震災では阪神との規模や質の違いはあったにせよ、「ボランティアは興味本位でやってはいけない。被災地に負担をかけるボランティアではいけない」という雰囲気があったように思う。そして今回の熊本地震では「ボランティアはすぐに被災地に来ないでほしい」という雰囲気があったのではないかと個人的には感じている。道路、電話、ガソリンなどボランティアが使用することによって被災者が利用できなくなってはいけないということだろう。こういったボランティアに対する視線の変化は年々厳しいものになっている。また東日本大震災の際に火事場泥棒のように行政予算を食いつぶし、使途不明の募金活動をしていた団体があったニュースは誰しも目にしたことはあるだろう。

天理教は今回の熊本地震についても東日本大震災と同様に「天理教災害救援募金」と「天理教被災教区・災救隊支援募金」の2つの募金窓口を設置した。これらの募金が適切に使用され、本当に困っている方に届くことを強く願っている。なぜ私がそのことを強く願うのか。それは東日本大震災での天理教が集めた募金の9億2000万円余の使途が明らかにされていないからである。 震災支援に水を差すようなことは控えたいのだが、善きことであるからといって無視はできない。もし天理教に募金をする人がいたら、もし被災者に有意義に利活用されることを望むのであれば一考してほしい。

もし私の勘違いや、天理教から「震災支援記録集」や「報告書」など、きちんとした募金の使途が明らかなデータがあれば私は訂正して謝罪する。

すべてのデータは東日本大震災をめぐる天理教の月刊誌である「みちのとも」を参考にした。 結論から言うと、天理教が東日本大震災で集めた募金9億2000万円余のうち使途が明らかなものが8億円余で約1億2000万円余の使途が不明である。これらの問題は募金の目的が不明瞭であるのと、最も由々しき問題は誰がどのように配分額を決定したという募金用の特別会計の報告書等を公開していないことであろう。

まずは天理教が募金をおこなう目的が不明瞭である。「天理教災害救援募金」と「天理教被災教区・災救隊支援募金」の2つの募金をしているが、誰が誰にどういった目的で募金が使われるのかが書かれていない。タイトルを字義通りに理解すると、通常であれば「天理教が窓口となって、そのまま必要な人に手渡される」と考えるのが通常であろう。「天理教災害救援募金」であれば、集められた金額は余すことなく被災者に手渡され、「天理教被災教区・災救隊支援募金」であれば、集められた金額は余すことなく被災教区や教会、災救隊など天理教関係の被災者や支援者に手渡されると考えるだろう。しかし天理教は、そんなことはやっていないと思われる。1億2000万円の募金が使途不明であることを考えると、天理教本部としては一銭も募金をしていない。募金をしたのは天理教本部ではなく、天理教の信者でしかない。最悪の場合、募金を天理教本部の収入としている疑いさえある。理想を言えば、9億2000万円を募金として集めたが、天理教が8000万円を追加して合計10億円を募金したと言ってほしいものである。

表を作成したので詳しく見ていただきたい。またその下には、表の根拠となった「みちのとも」の募金の使途に関する記述を引用したので見てほしい。(ファイルはダウンロードできます。コピーフリーですが、数字の間違いなどについて責任を負いかねませんので、ご了承ください)

スクリーンショット 2016-04-24 18.35.49

———————————————–
みちのとも 2011.5月号 立教174年5月号

p9
「また19日から22日にかけて、被害の大きい岩手、宮城、福島の三県へ関係者を派遣し、教会本部からの見舞金計3000万円を各自治体に届けた」

p11
東日本大震災 被災者受け入れについて 天理教教会本部は、奈良県・天理市と連携し、天理市内の天理教関係施設において、食事つきにて受け入れを致します。問い合わせ窓口は下記となっています。

1受け入れ規模
・3000人(天理幼稚園・小学校・中学校・高校、また天理市立の小・中学校への就学も可)
・天理教信者以外の方も受け入れいします

2受け入れ施設(罹災証明書が必要となります)Z
・奈良県天理市内の天理教関係施設

3受け入れ期間
・平成23年9月末まで

4受け入れに関わる諸費用について
・宿泊費 平成23年9月末日までは無料(それ以降はご相談ください)
・食費 平成23年9月末日までは無料(それ以降はご相談ください)

5問い合わせ
・岩手県下 岩手教務支庁
・宮崎県下 宮崎教務支庁
・福島県下 磐城平大教会
・天理市役所 総務部防災課

6天理教教会本部の申し込み窓口
・震災被災者受け入れ対策室
632-8501天理市三島町271 0743-63-2517

 

2011.7月 立教174年7月号
p10
「復興委員会は、これまでに集まった義援金を岩手、宮城、福島の三県に届けた。山澤副委員長が6月7日に岩手県、9日に宮城県、10日に福島県の各県庁を訪れ、県知事らに各1億円を手渡した。」

p13
募金累計3月15日〜6月7日
「災害救援募金」3792件 3億3114万541円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」3110件 2億8099万6990円
計7082件 6億1213万7531円

2011.8月号
p15
募金累計3月15日〜7月12日
「災害救援募金」4373件 3億5366万409円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」3613件 3億2636万4758円
計7986件 6億8002万5167円

2011.9月号
本部から関係直属通じて 7月25日
被災教会へ「復興の種」 「東日本大震災復興委員会」(上田嘉太郎委員長)では、5月26日の発足以降、震災発生直後に設置された災害救援対策本部のさまざまな活動を引き継ぎ、継続的な救援活動を展開するとともに、被災教会への支援について検討。各委員が関係直属教会長と面談し、個々の教会の被災状況の詳細確認、復興への展望などについて話し合いを進めた。その結果、一日も早くおつとめを勤める場所をご守護いただいけるように、さらには勇んで立ち上がり、にをいがけ・おたすけに取り組めるようにとの思いから、支援金の拠出を決定。7月25日、教会本部からの「復興の種」として総額3億7千万円が、上田委員長から24の直属教会の会長に渡された。 なお、原発事故の影響によって避難を余儀なくされている教会に対する支援については、事故収束に向けた今後の動きを踏まえつつ別途実施する方針。

p21
募金累計3月15日〜8月9日
「災害救援募金」4639件 3億6834万5703円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」3696件 3億5422万2241円
計8608件 7億2256万7944円

p52
第221回 定時集会から
<本教の救援活動>
深谷善太郎表統領室長(の答弁)
3月14日から、道友社を窓口に「天理教災害救援募金」と「天理教被災教区・災救隊支援募金」を開始。「災害救援募金」だけでは本教の活動に活用できないということから今回、「被災教区・災救隊支援募金」を新設した。「災害救援募金」から3億円を、山澤廣昭内統領が岩手・宮城・福島・茨城教区に対して慰問使を派遣。被災教会に出向いてお見舞いを申し上げ、それぞれ見舞金をお渡しした。なお、栃木・埼玉・東京・千葉・新潟教区には被災報告を提出していただき、後日、本部から見舞金をお渡しする。今年のこどもおぢばがえりは、岩手、宮城、福島、茨城の被災4県に対して、交通費、宿泊費、食費などを支援すると発表した。学生生徒修養会、高校の部でも同様の支援をさせていただく。

深谷善太郎表統領室長 (の答弁)
「教区や教会などが独自で活動する場合は、資金や人員などのすべてをそれぞれで賄っていただきたい。身の丈に合った、できることをさせてもらうことがひのきしんの基本」

2011年10月号
p10
第222回臨時集会 8月25日
復興支援施策を審議
8月25日、第222回「臨時集会」が招集された。今集会は、教庁提出の議案第1号「東日本大震災に関わる借入に関する件」を審議するもの。被災教会の復興支援の一環として、銀行融資の便宜を図るうえでの施策について島村廣義・経理部長が議案を説明した。その中で、銀行融資を受けるに際し、宗教法人天理教が保証人、直属教会が借入者となることに加え、被災一教会当たりの借入限度額、年利、年限などにも言及。利子補給については「当初3年間は教会本部で負担する」と述べた。この後、質疑応答を経て採決が行われ、全会一致で可決・承認された。
なお、借り入れの申し込み期間は9月26日から来年12月26日まで。添付資料として「罹災証明書」(写しも可)が必要となる。この期間内に復興計画が立たない場合は、特別願いを提出することになっている。詳細については、8月27日の「かなめ会」(直属教会長の会)席上、被災教会を部内に持つ直属教会へ文書で伝達された。

p75
募金累計3月15日〜9月6日
「災害救援募金」4860件 3億8155万9945円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」4235件 3億9622万1654円
計9095件 7億7778万1599円

2011.11月号
p57
募金累計3月15日〜10月11日
「災害救援募金」5083件 3億9049万9826円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」4528件 4億2438万4057円
計9611件 8億1488万3833円

2011.12月号
p49
救援・支援募金 受付は12月27日まで 現在8億5000万円を超えております。

p65
募金累計3月15日〜11月8日
「災害救援募金」5274件 4億2590万7540円
「天理教被災教区・災救隊支援募金」4754件 4億3306万1471円
計10028件 8億5896万9011円

2012.2月号
p8
救援・支援募金 ご協力へのお礼
本教では、東日本大震災の被災地の一日も早い復興を願い、昨年3月15日から12月27日にかけて、道友社を窓口として「災害救援募金」「天理教被災教区・災救隊支援募金」を実施してまいりました。
募金総額は、災害救援募金が4億4682万6454円、天理教被災教区・災救隊支援募金が4億7391万5132円となり、合わせて9億2074万1586円に上りました。
真心をお寄せくださいました大勢の皆さま方に、心より御礼申し上げます。
既報の通り、災害救援募金につきましては、集まった義援金の中から、お見舞金を含め、岩手、宮城、福島の各県庁へ計3億3000万円を届けさせていただきました。残額につきましても、後日、被災地へ届けさせていただきます。
また、天理教被災教区・災救隊支援募金につきましても募金の趣旨に沿った形で活用させていただきます。
長期間にわたり、多額の募金をお寄せいただいました各位のご理解、ご協力に対し、重ねて感謝申し上げます。

東日本大震災復興委員会
p44
第223回 定時集会から
春野享震災復興委員会事務局長(の答弁)
(質問:被災者のおぢばでの受け入れ人数と費用について)
9月末までに49世帯、延べ2910人を受け入れた。宿泊お供えは7ヶ所の詰所で79万円、食費は69万9650円、合計148万9650円を本部が負担した。また、本部への請求を辞退した詰所が8ヶ所あり、その金額は合計100万6000円。これは各直属教会の救援活動の一環だと理解している。

(質問:こどもおぢばがえりと学生生徒修養会・高校の部における支援で、掛かった費用)
春野事務局長 (の答弁)
こどもおぢばがえりには、被災地から108の団体が帰参した。人数は少年会員が1526人、育成会員が1509人、合計3034人。
その費用は、詰所宿泊のお供えが37ヶ所で576万6400円、2ヶ所が請求を辞退した。詰所での食事代(炊事課請求分)は281万7520円、昼食のカレー食代は104万5250円、交通費は3141万1743円、合計4104万913円を負担した。
学生生徒修養会・高校の部では、41人の受講お供えを免除した。バスによる無料送迎を実施し、青森発と茨城発の2台を手配。費用は102万3400円を負担した。
これらの費用は、教庁会計で建て替えている。

(質問:「災害救援募金」「天理教被災教区・災救隊支援募金」の総額と、その使い道)
春野事務局長
阪神・淡路大震災での経験を生かし、被災地への支援とともに、教内の救援活動を支援するうえから、2つの募金に分けた。11月25日現在、「災害救援募金」は、5354件で4億2881万2019円。「被災教区・災救隊支援募金」は、4854件で4億4018万7406円。合計8億6899万9425円の募金を頂いている。

島村廣義経理部長
平成23年12月27日の募金締め切り後、教庁予算(平成23年度)を補正し、款を起こして、教庁の歳入に入れてから予算を振り分ける予定である。

(質問:被災教会への支援について)
春野事務局長
11月25日現在の被害状況は、全壊27件、半壊36件、一部損壊133件となっている。これは罹災証明を反映させた件数だ。福島県は罹災証明のやり直しをしており、今後も多少の変更はあり得る。

(質問:被災教会へのお見舞い金について、その内訳)
春野事務局長
4月下旬から5月上旬にかけて、岩手、宮城、福島、茨城の被災4教区に慰問使を派遣し、全壊10万円、半壊5万円、一部損壊3万円として、合計761万円を手渡した。
その内訳は、岩手教区が全壊4ヶ所、半壊2ヶ所、一部損壊12ヶ所。宮城教区が全壊15ヶ所、半壊13ヶ所、一部損壊32ヶ所。福島教区が全壊1ヶ所、半壊9ヶ所、一部損壊34ヶ所。茨城教区が全壊2ヶ所、半壊8ヶ所、一部損壊39ヶ所となっている。
また4教区以外には、それぞれの教区の判断を反映し、合計57万円を渡している。

(質問:「復興の種」が7月25日に渡されて以降、増額された経緯を伺いたい)
春野事務局長
罹災証明が下りて、把握していた被災状況と異なっていた点もあり、復興委員会で検討のうえ、9月25日に4000万円、10月26日に10000万円を追加し、合計4億2000万円を「復興の種」として直属教会へ渡した。
——————————————————–

以上である。出版を担う天理教道友社(宗教法人)がなぜ募金の窓口となっているのか全く理解できない。 冒頭で述べたように、天理教は募金の窓口を「天理教災害救援募金」と「天理教被災教区・災救隊支援募金」の2つの入口を用意している。しかし出口は示されていない。「みちのとも」2011年9月号p52に、「災害救援募金」だけでは本教の活動に活用できないということから今回、「被災教区・災救隊支援募金」を新設した。」とある。使途を見ると区別しないのであるから、どうせ一緒くたにするのであれば、1つでいいと思う。敢えて入口を2つにするのは、2倍の金額を集めたい・自由、勝手に使いたいという意図があると勘ぐられても言い訳できない。

私が驚いたことは「島村廣義経理部長 平成23年12月27日の募金締め切り後、教庁予算(平成23年度)を補正し、款を起こして、教庁の歳入に入れてから予算を振り分ける予定である。」ということである。私は一瞬頭が真っ白になった。なぜ募金として集めたお金を天理教(教庁)の歳入として計上するのか全く理解できない。しかし、このことを企業経営の専門家に聞いてみると、これは仕方がないことのようである。お金をきちんと管理するためには一旦法人の歳入にして、募金用の特別会計なりを組むことが常識のようである。たとえば、放送局などがおこなう募金は一旦法人の歳入としているようである。私の勉強不足で申し訳ない。同時に、これには問題も多いようだ。つまり募金の全額を被災地にきちんと送っているのか疑問を持たれる法人が多いということである。明らかにしていなかったり、天理教のように集めた募金額と、受け取り先の受取金額が異なるということが多いようだ。また手数料と称して数%を抜いてしまったりと本末転倒のようなこともあるようだ。日本赤十字社では義援金については「義援金そのものは公的な資金ではないが、そのシステムは強い公共的な性格及び役割を持つものと言うことができる」と記載している。日本赤十字社の義援金ガイドラインを鑑みると、天理教の募金システムは「誰が何に基づいて判断して配分や使途を決定しているか全くわからない」という点も問題であろう。また3億7000万円が24の直属教会長に渡されたとあるが、なぜそのような面倒な手続きを取るのか理解できない。直属教会長(大教会)はきちんとお金を管理しているのか、さらに誰もわからない。伏魔殿から更に伏魔殿に送られては、本当に何も見えない。直属教会長とは、本部の役員でもある人がいるであろう。つまり送る側と受ける側が同一人物であるという疑惑もある。私は義援金がマネーロンダリングとして扱われている疑惑しかもっていない。なぜこれほどいい加減なのだろうか。 http://www.jrc.or.jp/press/pdf/20130325_01.pdf

まして我々の関心事は宗教法人の天理教である。募金を歳入に入れてしまうことで通常の「天理教へのお供え」(寄付)と一緒くたにされている危険性がある。なぜなら天理教はお金の使途をきちんと公開していないからである。天理教の経理部長の答弁では募金用に「款を起こして」とあるが、当然のこと我々はその款を見ることができない。つまり、天理教の財布に入れてしまえば一般人は誰も確認ができないのである。 定時集会などという予算委員会のようなものも天理教にはあるが、「みちのとも」でその答弁を見てみると、過疎化の進んだ村議会のような、なんの発展性もない生ぬるい議会内容でしかない。時間の無駄であろう。こんないい加減な人たちに、善意の募金を扱う資格があるのだろうか。

もし私が知らないだけで、天理教がきちんと募金の使途を明確にしている証拠があれば(9億2000万円の行方)、私は早急にこの記事を訂正し謝罪したいと思う。教えてほしい。それを願いたい。

深谷善太郎表統領室長の答弁で「身の丈に合った、できることをさせてもらうことがひのきしんの基本」とあるが、この言葉は「お供え」にも当てはまるのだろうか。詰所を新築して、膨大な金額の返済があるようだが、それを部下教会と信者に強いているのかどうかは、いずれ明らかになるであろう。権力者の責任が問われ始めているのは間違いない。結構、結構なことであろう。

 

参考リンク
天理教の「御供え」について
http://6706.teacup.com/5051/bbs

命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
http://inochinonakigoe.grupo.jp/

tenrikyosyakaigakulavo@hotmail.co.jp

 

震災支援 天理教が集めている募金は適正に管理され使途不明となっていないかー東日本大震災を参考に」への89件のフィードバック

  1. 匿名

    >天理教は募金の窓口を「天理教災害救援募金」と「天理教被災教区・災救隊支援募金」の2つの入口を用意している。しかし出口は示されていない。「みちのとも」2011年9月号p52に、「災害救援募金」だけでは本教の活動に活用できないということから今回、「被災教区・災救隊支援募金」を新設した。」とある。使途を見ると区別しないのであるから、どうせ一緒くたにするのであれば、1つでいいと思う。敢えて入口を2つにするのは、2倍の金額を集めたい・自由、勝手に使いたいという意図があると勘ぐられても言い訳できない。

    私なりに分析してみた。

    前提
    ①募金の性質を天理教災害救援募金を教外のため、天理教被災教区・災救隊支援募金を教内のためとおおまかに考える。
    ②被災者受け入れについての支出は、教外の方の受け入れは皆無ではなかったにせよほとんどが教内の方であったであろうことを考えて教内への支出とする。金額も全体の額に比べわずかであるので妥当であろう。

    以上の前提に立てば
    ③天理教災害救援募金の収入に対し教外への支出3億3千万があまりに少なすぎる。
    ④一方で天理教被災教区・災救隊支援募金は収入より支出が超過している。
    ここで分からないのが各教区から災害救援ひのきしん隊が駆けつけた費用が公表されてないことである。公表できない理由があるのだろうか?災救隊支援募金という2つめの入り口を設けたのだから支出がなかったとは思えない。この支出を教内への支出とすれば、天理教被災教区・災救隊支援募金の支出は大幅に超過してしまうことになってしまう。

    あくまで推察にすぎないが余った天理教災害救援募金を流用し教内へばら撒いたのではないだろうか?2つの入り口を用意するのであれは2つの募金を明確に分けて活用すべきであり、これではあまりにずさんで「どんぶり勘定」と言われてもしかたがない。

    カインさんの「敢えて入口を2つにするのは、2倍の金額を集めたい・自由、勝手に使いたいという意図があると勘ぐられても言い訳できない。」に同意せざるをえない。

    どうせ教内で集めたお金なんだから自由に使っても良いだろうと考えるのあればまったく信用できない。
    募金を集めるのであれば明朗で誰でも納得できる運用を願うばかりである。

  2. エイト

    本部の使途不明金は申し訳ない、私がわかり切ることのできない部分なので、
    今後も自分の気持ちとしてお供えしていきます。

    ボランティア、災害ひのきしんで思い出したのですが、東日本の真っ只中、私は妊娠中で(関西在住です)
    絶対安静につき入院生活も余儀なくされました。
    入院生活は地震発生の2ヶ月から3ヶ月頃で、婦人会の炊き出しなども活発に派遣されてきた時期でした。

    その頃、所属教会の奥様が大教会の婦人会として数日東北へ行ってたのですが、
    病室のベット横で延々とこんな活動をした、こんなことを感じたと語り倒し、
    また行ってくるわ!と意気揚々と語っておられました。
    教会から20分程度の病院に入院している私のところには
    「忙しくてなかなか行けない」のに。
    帝王切開で出産した当日も病室で被災地の話ばかり。

    大きな災害にはもちろん人出が必要になります。
    支援を求める人もたくさんいるし、なにか達成感に近いものも感じることでしょう。
    でも、なんだかなぁと思ってしまいました。
    身近に、一人暮らしのご高齢者がいても、育児で悩んでるママさんがいても、
    優しく声をかけることもしないで、ひのきしんだおたすけだっていえるのでしょうか。
    ちなみに私も夫婦の問題で悩んで泣きながら教会の方に頼ったときも、
    「修養科に行けばいい」といわれてしまいした…

  3. 匿名

    エイト様へ
    その奥様はダメですね
    教会の奥様方のなかには、苦労も、 痛みもわからないお譲ちゃまが多いと思います
    口先八寸です
    縁を切られたほうがよろしいのではないでしょうか
    教理は自分でも習得できるし、おやさまの教えは今の教団にはないと思います

  4. 命の泣き声

    http://inochinonakigoe.grupo.jp/free1281663
    一番良いのは被災地であるその自治体の開設された口座に募金を振り込むことです。
    『生』で被災された『長』が募金の管理をするのですから。
    すぐに使われることがなくても、ただでさえマイナスからの復興ですから。
    公務員の給料として使われようが、被災された公務員の給料なので良いのではないでしょうか。

    何故マスコミはその『生の口座番号』を広めることなく、「独自に募金を集め始める」のか疑問でしかありません。

    「善意で覆われた言葉」を鵜呑みにしてしまってはいけません。
    募金に対してもひとり一人が責任を持って管理すべきなのです。
    それが国民の義務です。

    「法人」は募金として集めた金の使用途を公表しなければいけません。
    それが口座を開設し集金する”当たり前”の責務です。

    「個人」は募金としての提供先が確かなものか見極めなくてはいけません。
    それが一国民として働き、日本銀行券を使用する人間の”当たり前の”責務です。

    「個人」の意識においては募金をするか、しないか。
    善意ある人間か、善意のない人間か。
    その二元論に立たされているようにすら思います。
    そんな簡単な問題ではありません。

    生活状況によっては募金をすることが無理なら無理です。
    そこを責められるべきではありません。
    募金ができるなら募金先の選択まで責任を負うことです。

    「法人」の意識においてはどうなんでしょうか。
    大規模災害で一発逆転のチャンス到来ですね。
    どこの法人も同じことですよ。

    表向きは苦しみに寄り添った顔をして、集まった金で生活費を賄うのですよ。

    「宗教法人は税金は減額されるかわりに、国は何の助成もしてくれないじゃないか。
    こんなに苦労しているのに…。
    こんなに苦労しているのに…。

    えーい!金は金じゃーい!!
    綺麗も汚いもあるかーい!!

    俺らが俺らの力で稼いだ金だ。
    何に使ったとしても文句は言われないようにしてやる。

    ヘッヘッヘ…。」

    無意識の大規模横領組織「天理教」の誕生です。

    株式会社ですらないですよ。
    今後は、

    (横)天理教

    と表記するようにいたしましょう。

  5. 一読者B

    命の泣き声さん、やめてください!
    申告にコメントを読ませていただいてましたが、
    「(横)天理教」 を見て、思わずお茶を吹き出してしまいました!

    *今迄「一読者」でしたが、同名が他にもいらっしゃるようですので、名前を「一読者B」にします。
    お茶吹きだした衝撃で思わず報告してしまいましたが、中身の無いコメントですみません m(_ _)m

    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  6. 一読者B

    すみません。
    申告にコメントを → 深刻にコメントを  です。

  7. 匿名

     命の泣き声さんの、物事の真実を包み隠さず突いて下さる慧眼と、軽快なユーモアとの、振れ幅の大きさは、ジェットコースターに乗っているような爽快感を与えて下さいます。貴重な投稿どんどんお願い致します。

  8. 一読者

    被害に遭われた教会の修復など、教内のたすけあい状況はどうなっているんだろう??

  9. 匿名

    http://www3.tokai.or.jp/ukishima/okane.html

    >どこの親でも子供に金を残してやりたいと考えているが、金を残して子供に与えるのが親の真の目的ではない。

    これを書かれた時と現在では時代も背景も違いますね。余程の信者の多い教会かもしくは経済力のある資産家ならともかく、概ね
    食っていく、失礼食べて行くのが、精一杯の現状です。
    残すほども無いし、残らないです。こうして教会を自分の代で畳もうと教団から去ろうと云う人も大勢いる。そんな私もその中の一人なのだが。。。。一概にこの文献を当てはめるのは間違いですね。
    教団に土地や建物を宗教法人として登録してしまい、悩んでいる教会長もいる。取り戻す為には更に莫大な費用がかかり、一旦登録してしまったら取り戻すのは不可能だろう。その為に多くの担任不在教会が有るのはご存知のはず。その時代にお供えを集め、信者を獲得する為なら又、こう言ったお金の使われ方がなされるのはあ
    る意味理想であるが、金集めなら別だが、現状でこれを引用するのは危険をも孕んでいる。
    はる様はどの様にお考えか?mami様同様に是非教えて頂きたい。

    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  10. 一読者

    諸井慶徳さんて山名のインテリ坊ちゃんですよね。
    金集め偏重主義を作った責任者の一人ですね。
    当時から山名には無理の理が掛かっていたんでしょうか、40代で若死にされましたね。

  11. 命の泣き声

    http://inochinonakigoe.grupo.jp/free1269022

    諸井は努力家ですよ。
    インテリは努力の結果です。

    興味

    努力

    東大

    超興味

    天理教

    超努力

    実績

    悩み

    山名

    の順だと思いますよ。
    「お前は悩むな!大教会長じゃないか!」
    と中山家に説き伏せられても折れずに死んだんですよ。

    多分ね。

    人生は光と陰です。
    諸井の大いなる光は、深~い陰も生んだんですよ。
    教団は隠しますが、諸井はほぼ自殺かストレス性の疾病で命を落としたと断言して構いません。

    逆に、うきしまは超浅~い光と陰です。

    なんの苦労も、なんの功績も無し!

    大いなる光を引用するのみ!

    諸井は努力家!

    うきしまはバーカ!!

  12. mami

    命の泣き声さま
    ご紹介の『天理教 神憑りから新宗教』、4月半ばに購入して読みました。以前、島田氏の著書を読んでいい印象を持てなく~。でも今回は購入してよかったです。ありがとうございました。知りたかった中山みき時代が詳しく。この後の時代がわかる『教派神道と近代日本 天理教の史的考察』大谷渡著を図書館で借りて読んでます。お薦めの1冊です。

    私は命の泣き声さま、お供え、みさと、そしてこのブログを口頭で友人、知人に広めてています。(パソコン弱く!)

  13. 匿名

    命の泣き声様、
     増野道興氏(教会倍加運動を推進された人)も、早世されてますね。この方もストレス性による病気で、若くして亡くなられたと思います。ご自分のされてる事に、迷いや疑いを持った為ではないか、と思うのですが。
     増野氏のせいで、、末端に事情教会を数多く出してしまった訳ですが、増野氏は、天理教の暗い未来を予見していたのでしょうか。
     天理教の闇は深いですね。
     

  14. 匿名

    命の泣き声様の近頃のコメントを拝見させていただきますと、誹謗中傷が増え、残念でなりません。
    せっかく、ご自分のホームページまで作製されておられますのに、薄っぺらく見えてしまいます。
    失礼かもしれませんが、もう少し冷静にコメントされてはいかがでしょうか。

  15. 匿名

     命の泣き声さんのコメントは、単なる誹謗中傷とは思いません。命の泣き声さん独特の、揶揄の表現ですけど、嘘を書くような方ではありません。非常に真摯な方と思います。根拠もあり、よくご存じのことだから書けるのでしょう。

  16. 一読者

    経済的に恵まれた環境もあったのだろうけれど二代真柱を含め、お道の二代目には学問の徳がある人が出ている訳ですが、無理の理とインテリの短命はリンクしているようですね。

  17. 命の泣き声

    mamiさん

    島田裕巳さんの本、買われたんですね。
    良かったです。
    正直、当たり外れのある方だと思います。
    徹底的に中立な著書はとても良いです。
    結論を出そうとされる著書は同意できないと悪印象な本もあります。
    数が多いんでその分ブレも多い方です。

    『教派神道と近代日本 天理教の史的考察』大谷渡著も是非一度読んでみますね。

    さて、私のコメントに対して誹謗中傷と捉えて頂いて、残念がって頂いて、ありがとうございます。
    一向に構いません。

    苦しみと喜びは光と陰です。
    このようなことで残念がって頂いているということは、陰を理解しようとしていないという姿勢です。

    私の陰を理解しろ!とは到底言いません。
    しかし、言葉にできない陰を背負った若い信者を救いたいのです。
    若い信者はストレートな表現を好みます。
    さらに若い世代は理屈を好みます。

    理屈をこねた後、バーカ!!と良い放ってやるんですよ。
    若者に理解してもらって、笑わせるんですよ。
    一番救いたいのは若い世代ですからね。
    若い世代に間違った目線は持ってもらいたくありません。
    真実を貫いてほしい。
    結構見てますよ。
    若い世代。
    ネット社会ですから。

    「この『うきしま』ってサイトヤベーよ。」
    「諸井って人スゲーよ。」
    「社会学の言ってること難しくてわかんねーよ。」

    そんな若者たちのために、あのホームページを作った私、”命の泣き声”が今回ばかりはヒーローぶって言ってやりましょう。
    言葉の重みを感じてください。

    天理教組織はね、ヤベーよ。

    バカばっか。

    あいつらの目、見てみろよ。

    ビビんなって。

    子供のころの純粋さを思い出せ。

    なんだよ。

    俺が変わりにやってやるよ。

    言葉の重みを感じろよ。

    お偉いさんに、中指をおっ立てて言ってやるよ。

    「お前ら全員バーカ!!!」

    http://inochinonakigoe.grupo.jp

  18. 匿名

    土地 建物を宗教法人に登録すると売ったりできないのですか?
    何故?

  19. 匿名

     天理教宗教法人に登録する事は、天理教本部のものになる事ですから、自分の所有物で無い、他人の不動産を勝手に売る事は、法律に違反する事になります。
     掲示板「お供え」でも、この問題よく出ているようですが、自分の所有にしたいなら、本部との話し合いで返してもらうか、買い戻すしか無いみたいですね。本部が只で返してくれる可能性は、非常~に低いみたいです。お供えを散々取っといて、ひどい教団と思いますが。 

  20. 命の泣き声

    http://matome.naver.jp/m/odai/2142047031234254901

    宗教法人の土地の問題は『個人』vs『宗教法人』だけの問題ではありません。

    『個人』vs『国』
    『宗教法人』vs『国』
    まで発展します。

    土地を宗教法人の登録にすることにより、その土地に住む人間は知らず知らずのうちにその恩恵を『国』から受けています。
    固定資産税や相続税等が免除されています。

    少ない収入源に対して多くの支払いをしていたとしても、その性質が「お供え」であれば非課税です。

    つまり、それがどんなに苦しい生活であったとしても、宗教法人の土地で生活していれば一般社会人が普通に払っている税金を支払わなくてすみます。
    天理教が世襲性にこだわるのも”そこ”です。

    土地を『宗教法人』のものから『個人』に戻すには、『国』としては今まで免除してきた税金を払ってもらわねば困ります。

    それには莫大な金がかかります。

    『国』から、その恩恵を受けてきたことが否定できない以上、土地を取り返すことはかなり厳しいと言わざるをえません。

  21. 古い教会長

    命の泣き声 様。
    >土地を『宗教法人』のものから『個人』に戻すには、『国』としては今まで免除してきた税金を払ってもらわねば困ります。
    それには莫大な金がかかります。
    『国』から、その恩恵を受けてきたことが否定できない以上、土地を取り返すことはかなり厳しいと言わざるをえません。

    という訳ではありません。まず最初に宗教法人から個人名義に変更した時に、(土地・建物の)取得税が掛かります。(教会には贈与税はかかりません)その後から、土地・建物の固定資産税が掛かるようになります。

    これは確かな情報ではありませんが、教会の代表役員と責任役員二名のハンコがあれば、土地・建物は売れると聞いた事がありました。

  22. 匿名

     土地建物をお供えしてしまった会長さん方は、子や孫がその為に苦しむ羽目に陥るとは思いもされなかったでしょう。
    教会廃業を考えておられる会長さん方で、土地を買い戻す余力も無く、といって他に行くところも無いという方々は、非常に苦しい立場におられる事と思います。末代の理とは末代の重荷を背負わされる事だったのでしょうか。
     どこか、突破口が無いものか、と思案するばかりです。

  23. 廃れた教会息子

    ピンハネしているのはどこも同じでしょう。
    別に天理教だけではありません。

    でも、人助けたら我が身助かるですよね。信者の「お供え」でなんとかなるんだから自分たちのことはとりあえず差し置いて、すべてを捧げるべきですよね。

    一番信頼できるのはやっぱり赤十字なんですかね。「義捐金」ですし。
    東日本の時、東北に住む親戚に赤十字からきちんと配当があったと聞いた時には、これからは募金は赤十字にしようと思いました。
    まぁ、平等性が求められるので時間かかるそうですが。
    今回の熊本地震では行政の対応がある程度可能なようで、東日本の時とは違い、県自体が義捐金を募っています。
    もちろん僕は実家の教会や天理教などを通さず、「日本赤十字社」と「熊本県」に直接募金しましたが。
    多分、実家の教会は天理教の方に募金したんだろうなぁと思います。
    だからと言ってどうってことないんですが。
    やっぱり、社会的にある程度の地位や信頼がない団体じゃないと募金しても無意味なんだとおもいます。
    そういった意味では「天理教」は身内に甘いですし、馴れ合いみたいなものですから、やはり透明性は疑問ですよね。
    善意は善意なんだろうが、なんか煮え切らないですよね。

  24. 命の泣き声

    古い教会長さん。
    匿名さん。

    正しい知識をありがとうございます。
    心から感謝いたします。
    とても建設的でした。

    嫌われる勇気を持って、正しいと思う言葉を口にすることは真の正しさを受け入れるチャンスですね。
    古い教会長さんみたいな方に正しさを教えて頂けて僕はとても嬉しいです。

    本当に皆さん辛い状況かと思いますが、勇気を持って立ち上がって頂きたいです。
    やっぱり当事者の意識が出発点ですから。

    僕も違う分野ではありますが、立ち向かって行く野良犬です。
    覚悟はできています。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/

    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs

    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  25. 古い教会長

    命の泣き声 様。
    >まず最初に宗教法人から個人名義に変更した時に、(土地・建物の)取得税が掛かります。(教会には贈与税はかかりません)その後から、土地・建物の固定資産税が掛かるようになります。

    でも、教会の土地、建物の名義を個人名義に移しても、教会(宗教活動)を続けている場合は土地・建物の固定資産税は掛かりません。(土地、建物は教会へ無償貸与というのが条件です)(その場合、最初に取得税だけは掛かります)

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/

    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  26. 命の泣き声

    古い教会長さん。
    そして、カインさん。

    質問させてください。

    例えばですよ。

    もう廃れた教会の土地、建物を手放す覚悟をされていて、信仰も自分の代で終える決意をされている年老いた教会長さんが居るとします。

    短絡的に言っちゃえば、そういう教会長さんが土地、建物を手放さない理由は住む場所と金が無くなるからですよね。
    もちろん、もっと複雑な理由はあると思いますが、ここは例えばとして”無機質”にいかせてください。

    そういう年老いた、立ち向かうエネルギーすら消耗してしまった教会長さんに第三者が手を貸して、天理教から土地、建物を取り返すことはできるのでしょうか?

    そして、土地、建物は最初から売却する前提で話を進め、それらにかかった費用を売却費用から捻出し、正当に報酬を頂き、残額をそのままお返しし、教会長さんには一国民として新しいアパートで新しい生活を始めてもらう。

    そんなことってできないんですか?
    やっぱり色んなしがらみがあって夢みたいな話なんですか?

  27. 古い教会長

    命の泣き声 様。

    >そして、土地、建物は最初から売却する前提で話を進め、それらにかかった費用を売却費用から捻出し、正当に報酬を頂き、残額をそのままお返しし、教会長さんには一国民として新しいアパートで新しい生活を始めてもらう。
    そんなことってできないんですか?

    私は専門家ではないので、正解は分かりませんが、過去に教会を売り飛ばして、そのお金を持って逃亡し天理教を止めた一家がありました。
    非常にグレーゾーンですが、建物に神様が祀ってある「お社」があるままでは不動産会社は入りにくいですが、お社や祭神具が片づけてあれば、土地に値打ちがあれば、どうとでもして売却してしまえると思います。
    (あちらはプロですから)要は書類さえ整えば何とでも出来るという事です。
    事情教会などで、上級が勝手に神様を移したりしている事もありますので、売ってしまってからでは本部は手も足も出ません。
    本部に内緒で売って、そのお金を元に安い土地で普請をした教会もあります。後で本部に怒られたようですが。
    本部はお運びという、権威をチラつかせて脅しにかかりますが、それは教内だけのシステムで世間の規則や法律とは別物です。
    なんとなく、信仰心があるので躊躇してしまうのですが、ここの掲示板などで心を強くして何とでもなると確信を持ってもらえばいいと思います。
    そんなことで怒って身情や事情を起こすような、ちっぽけな神様ではないと思いますよ。

    只、上級や大教会に正式に話を持って行こうとすれば、妨害されると思いますが。

  28. 命の泣き声

    古い教会長さん。

    ありがとうございます。
    とても心強くなりました。
    実際、僕は当事者ではないので土地、建物を宗教法人に差し出された本当の苦しみを理解することはできません。
    でも、苦しみの解決への一縷の望みを感じた様な気がしました。

    そもそも宗教法人の妨害というのも、真っ当な『国のルール』に乗っ取れば論破できないこともなさそうですね。
    そして論破する人間は、例えばカインさんのような第三者が理想ですね。

    裁判や告訴などをちらつかせ、崖っぷちの状況の天理教に悪印象を付けてしまう現実を盾にして戦えば、弱者を救えるのかもしれません。

    『国のルール』は捨てたものじゃない”ものもある”かもしれないですね。
    それを利用しない手は無いのではないでしょうか。

  29. 匿名

    古い教会長様
    .>過去に教会を売り飛ばして、そのお金を持って逃亡し天理教を止めた一家がありました。
    >お社や祭神具が片づけてあれば、土地に値打ちがあれば、どうとでもして売却してしまえると思います。
    >(あちらはプロですから)要は書類さえ整えば何とでも出来るという事です。
    >事情教会などで、上級が勝手に神様を移したりしている事もありますので、売ってしまってからでは本部は手も足も出ません。
     その逃亡した方は、捕まったりして、罪に問われることは無かったのでしょうか?
    「売ってしまってからでは本部は手も足も出ない」、との事ですが、ご本部が法的に訴えたりしなかったのでしょうか?
    ご本部に登記してあるものでしたら、本部も、他の教会への見せしめの為にも、ほったらかしにはするまいと思います。勝手に売った教会長に対し、何らかの処罰を司法機関に請求するのではないでしょうか?

  30. 古い教会長

    2016年5月1日 9:09 AMの匿名 様。

    >ご本部に登記してあるものでしたら、本部も、他の教会への見せしめの為にも、ほったらかしにはするまいと思います。勝手に売った教会長に対し、何らかの処罰を司法機関に請求するのではないでしょうか?

    実は、本部に登記してあるのではありません。それぞれの教会が独立した宗教法人なのです。どうすれば教会の土地、建物が売れるかは教会規則に書いてあるそうですが、一般にはなかなか目に触れないようです。只、そんな事はしてはいけないと思い込まされているのです。

    >勝手に売った教会長に対し、何らかの処罰を司法機関に請求するのではないでしょうか?

    天理教から離れた「天理教豊文教会」との間での「天理教」の名称の差し止め裁判でことごとく本部は敗訴したみたいで、かなり懲りていると思います。その場所で今も活動されているらしいです。もし、裁判になったとしても、こちらの思いを世間に知らしめるいい機会になるので、それもいい事かなとも思います。
    表統領も裁判所に呼ばれて、本当の意味で表に出る機会にもなります。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/

    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  31. 匿名

    >実は、本部に登記してあるのではありません。それぞれの教会が独立した宗教法人なのです。どうすれば教会の土地、建物が売れるかは教会規則に書いてあるそうですが、一般にはなかなか目に触れないようです。只、そんな事はしてはいけないと思い込まされているのです。
     ご本部に登記してないのであれば、所有権は本部に移ったりしてない、という事ですか?てっきり宗教法人のものになっている、ということは、本部に所有権が移されているものと思い込んでおりましたが・・。
     所有権が本部のものになってないのなら、何を今まで悩んでいたのでしょう。いつでも好きな時に売ることもできるし、教会廃業を申し出ることに、差支えは無いと思いますが。
     しかし・・実際に所有権は、お供えをした教会から、本部に移されてないのでしょうか?土地建物お供えした末端会長さんからの意見をお待ちしてます。

  32. 古い教会長

    匿名様。
    > しかし・・実際に所有権は、お供えをした教会から、本部に移されてないのでしょうか?土地建物お供えした末端会長さんからの意見をお待ちしてます。

    土地・建物をお供えするということは、本部に土地・建物を持って行く訳には行かないので、売ってお金にしてお供えするか、教会になって土地・建物を使用するかなのです。教会によっては宗教法人名義にしないで、個人名義のまま教会をしている所もあります。その場合でも、固定資産税は免除してくれます。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/

    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  33. 命の泣き声

    へー、そうなんですね。

    さすが当事者です。

    なんとか行動にまで起こしていただきたい。

    皆様の幸福を願っております。

  34. mami

    私及びその周囲の教会の子どもたちは親たちが個人名義から宗教法人に変更した段階から神様の御用をしているから住まわせいただいていると言われて育ちましたから継がない場合は出ていくという選択しか考えたことはありません。何か理不尽にも感じたけれど仕方がないとも思っていました。
    宗教法人とは、包括宗教法人とは、本部とは、などの関係性など考えたこともありませんでした。
    これからの皆様は法的なことをしっかり勉強されたと思います。これに限らず天理教人はカインさんも言われているように教祖の教えは人権も包含している教えと思います。無知は罪と思います。

  35. 徳子

    自分の揺らぎない意志さえ持っていたら、教会廃業及び売却は可能です。
    戦う覚悟さえあればのことですけど。

  36. 匿名

    宗教法人の消滅について。
    宗教法人を監督しているのは,原則として都道府県知事(=所轄庁)なので(法5条1項),まずは都道府県の担当部署に相談されてみてはいかがでしょうか。

    -----

    おそらく,所轄庁(又は利害関係人)が裁判所へ解散を請求すれば(法81条1項),裁判所の解散命令(法43条2項5号,81条1項),裁判所の清算人選任(法49条3項),残余財産の処分(法50条)を経て,清算結了になると思います。
    清算結了すると,法人格は消滅します(解散しただけでは,法人格は消滅しません…法48条の2)。

    登記については,「解散」・「清算人の就任」の登記の後,「清算結了」の登記をすることになると思います。

    ※上記の文章では,「宗教法人法」を「法」と略記しています。

    -----

    【宗教法人法】
    第五条
    1項 宗教法人の所轄庁は、その主たる事務所の所在地を管轄する都道府県知事とする。
    2項 次に掲げる宗教法人にあつては、その所轄庁は、前項の規定にかかわらず、文部科学大臣とする。
    一号 他の都道府県内に境内建物を備える宗教法人
    二号 前号に掲げる宗教法人以外の宗教法人であつて同号に掲げる宗教法人を包括するもの
    三号 前二号に掲げるもののほか、他の都道府県内にある宗教法人を包括する宗教法人

    第四十三条
    1項 宗教法人は、任意に解散することができる。
    2項 宗教法人は、前項の場合のほか、次に掲げる事由によつて解散する。
    一号 規則で定める解散事由の発生
    二号 合併(合併後存続する宗教法人における当該合併を除く。)
    三号 破産手続開始の決定
    四号 第八十条第一項の規定による所轄庁の認証の取消し
    五号 第八十一条第一項の規定による裁判所の解散命令
    六号 教団体を包括する宗教法人にあつては、その包括する宗教団体の欠亡
    3項 (省略)

    第四十八条の二
    解散した宗教法人は、清算の目的の範囲内において、その清算の結了に至るまではなお存続するものとみなす。

    第四十九条
    1項 宗教法人が解散(合併及び破産手続開始の決定による解散を除く。)したときは、規則に別段の定めがある場合及び解散に際し代表役員又はその代務者以外の者を清算人に選任した場合を除くほか、代表役員又はその代務者が清算人となる。
    2項 前項の規定により清算人となる者がないとき、又は清算人が欠けたため損害を生ずるおそれがあるときは、裁判所は、利害関係人若しくは検察官の請求により又は職権で、清算人を選任することができる。
    3項 宗教法人が第四十三条第二項第四号又は第五号に掲げる事由によつて解散したときは、裁判所は、前二項の規定にかかわらず、所轄庁、利害関係人若しくは検察官の請求により又は職権で、清算人を選任する。
    4項 第二十二条の規定は、宗教法人の清算人に準用する。
    5項 (省略)
    6項 (省略)
    7項 第三項の規定に該当するときは、宗教法人の代表役員、責任役員及び代務者は、前項の規定にかかわらず、当該解散によつて退任するものとする。

    第五十条
    1項 解散した宗教法人の残余財産の処分は、合併及び破産手続開始の決定による解散の場合を除くほか、規則で定めるところによる。
    2項 前項の場合において、規則にその定がないときは、他の宗教団体又は公益事業のためにその財産を処分することができる。
    3項 前二項の規定により処分されない財産は、国庫に帰属する。

    第八十一条
    1項 裁判所は、宗教法人について左の各号の一に該当する事由があると認めたときは、所轄庁、利害関係人若しくは検察官の請求により又は職権で、その解散を命ずることができる。
    一号 (省略)
    二号 第二条に規定する宗教団体の目的を著しく逸脱した行為をしたこと又は一年以上にわたつてその目的のための行為をしないこと。
    三号 当該宗教法人が第二条第一号に掲げる宗教団体である場合には、礼拝の施設が滅失し、やむを得ない事由がないのにその滅失後二年以上にわたつてその施設を備えないこと。
    四号 一年以上にわたつて代表役員及びその代務者を欠いていること。
    五号 (省略)
    2項 前項に規定する事件は、当該宗教法人の主たる事務所の所在地を管轄する地方裁判所の管轄とする。
    3項 (省略)
    4項 (省略)
    5項 (省略)
    6項 裁判所は、第一項の規定による裁判が確定したときは、その解散した宗教法人の主たる事務所及び従たる事務所の所在地の登記所に解散の登記の嘱託をしなければならない。
    7項 第二項から前項までに規定するものを除くほか、第一項の規定による裁判に関する手続については、非訟事件手続法 (平成二十三年法律第五十一号)の定めるところによる。

  37. さっちん

     5月3日 8:23 AM 匿名様
    貴重な資料ですので、お供えの方に転載する事をお許し下さい。
    お供えしか見て無い教会長さんもおられるかもしれませんので。

  38. 匿名

    私も天理教組織は大嫌いだが、被災地に実際足を運び、避難されている方々の救助ボランティアに取り組む姿勢は評価すべきだし、数億というお金を寄付してるのも、評価すべきだと思う。
    ただ、本記事にあるように、一部の不明金を、一部の上層部がガメてんじゃねーの? と疑われるのも、ふだんの本部の姿勢からみてしまうとしょうがないですねー。
    教祖が言った貧に落ち切れの言葉を、トップの真柱からして年収一億とかもらってんでしょ!? 違う事してんだもんね。説得力ないわそりゃ。
    それぞれの教会の祭典後に、世話人だか役員だかが来て講話でダラダラしゃべるんだけど、物を大切にとか、困ってる人を助けるだとかお話するんですけど、講話後は接待開始で、お刺身やらお寿司やら、お酒やら、当たり前のように口にして帰っていく。ご祝儀もついでに頂いていくから、ふところもホカホカ。
    信者さんたちもいくらかご相伴するけど、お偉い先生の様なご馳走にはありつけない。なんかテキトーにあしらわれてる感じ。
    忙しい中時間作って足運んでくれて、お金も用意して、会長さん、奥さんと立ててくれて、準備や後片付け手伝ってくれて、それをみんなしてくれるの、信者さんたちなんですけど。
    教祖は、教会に来てくれた人たちに楽しんでもらいたいと願い、帰る時も手ぶらで返すな、そんな意味のことを言っている。
    今の天理教教会はどうか。
    せっかく足を運んでくれた人を楽しませるどころか不愉快にさせ、お土産ひとつ渡すでなく、むしろ金銭をお供えしろといってむしり取ろうとする。
    理の親の声は神の声と押しつけて洗脳を行う。
    子供からお供えという名の生活費を巻き上げる親がどこにいるか。
    つぶれちまえ。

  39. 古い教会長

    匿名様。
    >私も天理教組織は大嫌いだが、被災地に実際足を運び、避難されている方々の救助ボランティアに取り組む姿勢は評価すべきだし、数億というお金を寄付してるのも、評価すべきだと思う。

    先日、表統領が熊本に入り500万円を義援金として手渡しました。
    とりあえずの額だと思いますが、余りの額の低さに驚きました。
    多分、数億は寄付していないと思います。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  40. さっちん

    今月、教務支庁の例会で、一教会 1000円の義援金と
    体育後援会(表統領の中村善亮さんが会長?らしいです)の寄付金 500円を強制的に集められます。
     全国の教会で、同じ金額集められるとしたら、 義援金  16700 × 1000 = 1670 万円 
                      体育後援会寄付 16700 × 500 = 835 万円   です。

             
          

  41. 古い教会長

    さっちん 様。
    >今月、教務支庁の例会で、一教会 1000円の義援金と
    体育後援会(表統領の中村善亮さんが会長?らしいです)の寄付金 500円を強制的に集められます。

    「表統領の中村善亮さん」は・・・中田善亮さんで、真柱の弟です。真柱後継者の大亮さんの父親です。何の苦労もなく、天理教の実質的トップに座っている方です。
    天理教というエンジンの壊れた巨大タンカーは、船長「中田善亮さん」と共に沈み行く運命になるかも知れません。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  42. さっちん

     古い教会長さん
    「中田」でしたね。何べんも聞いた筈なのに、中村なんてどっから出たんだろう。有難うございました。
    教務支庁の方でも、教会長さん方が、「善亮さんなら、言う事こときかなきゃ、」なんて言ってましたから、よっぽど力があるんでしょうね。でも、義援金、1000円で済むかしら?これから毎月集められたりして・・・。

  43. 匿名

    どうやったらこのバカ組織つぶせますか?
    教えてください。

  44. 匿名

    時給800円で懸命に働いて信仰する信者たちをよそ目に、ただテキトーに生きてるだけでふところに何百万、何千万と入ってくる本部のクソ共に、心から大切さを味わってほしい。怒鳴られバカにされ、それでも生きて働き家族を支え、その中から真実を信じてお供えをしている信者からのお供えを金額が少ないと、簡単に言う天理教本部に寄生するゴミ共。および大教会のカス。
    心から願う。
    滅びてほしい。
    お前らの旅行や美食、買い物、小遣いのために、俺たちは、生きているわけではない。

  45. 古い教会長

    匿名様。
    それは、お供えをしないことです。身の回りの人や、世の中の為になることに、それを回す事です。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  46. 一よふぼく

    皆さんに相談させてください。

    私自身、天理教の組織というものにはそこまで反論はありません(反論するほど詳しく知らない)。
    検定前期まで受講していて、子どもの頃から鼓笛、少年会、学生会、女子青年ひのきしんなど
    かなり関わってますが、教会や布教所ではなく、母親が信仰していたからというだけの立場です。
    基本的に悪い人には出くわさず、天理教自体は好きですし、楽しい思い出もいい友達もいます。

    その上でなんですが、どうも会長夫妻が苦手なんです。数年前に前会長から交代し、それくらいからなんとなく気持ちが向きません。
    そこに、私自身のトラブルがあり、教会に参拝に行ったら「私たちがお助けをする」と言ってくださったのですが、おたすけというか押し付けというか…ますます苦手になりました。
    詳しく書くともし誰かが閲覧してたら困るので、表面だけでごめんなさい。

    教え自体は好きです。組織のうんぬんとかも正直気にしてません。
    ただ、会長夫妻が苦手なんて言語道断ですよね、普通に聞いたら。
    子どもの頃からお世話になっていて感謝は尽きないのですが、
    同じだけ傷つくことも言われ、されました。
    この葛藤はどうしたらいいでしょうか。
    宗教関係なく、恩を仇で返すようなことはしたくないなと思うのですが…

    30代既婚、子持ちです。

  47. 匿名

    ーようぼくさんへ

    〉その上でなんですが、どうも会長夫妻が苦手なんです。数年前に前会長から交代し、それくらいからなんとなく気持ちが向きません。
    そこに、私自身のトラブルがあり、教会に参拝に行ったら「私たちがお助けをする」と言ってくださったのですが、おたすけというか押し付けというか…ますます苦手になりました。
    詳しく書くともし誰かが閲覧してたら困るので、表面だけでごめんなさい。

    会長夫婦は、ーようぼくさんより少し年長なんでしょうか。
    多分ですが。
    悪気はないんだと思います。
    おたすけすると、文面からだけですが、むしろ熱意を感じたりもします。
    もともと面識のあるご関係かと推察しますので、公私踏まえて助かって欲しいと願っている気持ちは本当でしょう。
    しかしです。
    押し付けとあるように、押し付けなんです。
    その夫婦は、助けてやる、助けてやった、という行動実績が欲しいのだと思います。
    おたすけの基本は、これは私の観点ですが、相手の都合で動くのか、自分たちの都合で動くのかだと思っています。
    相手のペースに自分を合わせるから、自分の時間を神に捧げたと言えると思います。
    自分の空き時間に、自分の料簡で行動する、これはボランティアです。おたすけではありません。一つだけ。ボランティアが間違っていると言ってるわけではありません、念のため。
    おたすけ、という行動は、大変重いことだと認識しています。これを軽々しく、現在の天理教ボケ共連中は口にして、二言目にはお供えしろです。神に尽くせと。いやいや、俺たちが明日うまい寿司かステーキでも食えるように金持ってこいの世界ですよ。
    最終的にあなたが決めることですが、その会長夫婦に状況の改善を求めるとするなら、徹底的にワガママをぶつけて下さい。無理難題、金でも物でも立場でも、要求してみて下さい。
    真摯に最後まで、笑いながら時には怒鳴りあいながら涙しながら、あなたにとことん付き合う二人なら、信用してよいでしょう。
    途中から手を切るような方便をする輩なら、所詮上辺だけを引き継いだ衰退する教会の夫婦に過ぎません。
    あなたが幸せな明日を迎えられるよう願うことは、ただの他人の私でも出来ることです。
    とりあえずこの場所を借りて、自分の気持ちを発表してみた、そんなあなたご自身を褒めてあげて下さい。

  48. 一よふぼく

    匿名さん

    ありがとうございます。
    おっしゃる通り、このご夫妻は20位上です。お二方とも、大変頭の良い方(学歴とかいう意味だけでなく)だと思います。ゆえに「実績」これすなわちおたすけと思っていると思います。

    奥さんの口癖は「忙しくてなかなか来れなくてごめんね」です。忙しいだろうというのは私も教会の活動は重々承知なので分かります。だからわざわざ言わなくてもいいのに。
    会長さんは自分が言う通りに動いて欲しいのでしょう、私の話を聞いている時はムスッとして貧乏ゆすりが始まり、受け答えも「あぁん」とか明らかにイラついてます。(関西人です)
    いつだったか、ご守護いただくために3日講習に行け(本当は修養科といわれたが、夫がダメと言った)と言われ、子どもは連れて行くという気持ちを伝えたら「誰のためにみんな動いてると思ってるんだ!子どもは教会で預かる!連れて行っては何もならない!」と。
    そもそも私、精神的な症状で人が多いところに行けない、と伝えてるのに、なぜ3日講習に行けになるのか不明でした。

    数年こんなやりとりがあり、嫌悪感が募りしばらく連絡を控えたら、少しずつ症状が落ち着きだしました。
    そして冷静になってきた時に会長さんが訪ねてきて、最近どう?と聞くので
    「最近はこうしてます」と答えると鼻で笑い、「あのさ、それずいぶん前から俺が言ってたことじゃないの?えらい遠回りしてんなぁ。まぁ、自分が納得せな動きたくないんやね」と言われました。
    おたすけが第一なら「よくそこまで回復したね」が先でしょうって思うんですよね。

    ご本部でも勤務されていて、大教会や上級でも活躍しておられます。行動力も人一倍あるとおもいます。
    よく働くし、教内的には優秀な人物でしょう。天理教が人材育成センターならそれでもいいでしょう。
    私は、人材育成センターにはならないでほしいです。
    本来は元気のない人、困ってる人がまた笑えるようなればそれでいいはずなのですが…

  49. 一よふぼく

    匿名さん

    そして、そんな自分を褒めてあげてとおっしゃってくださりありがとうございます。
    見ず知らずどころか、ネットに言葉を書き込んだだけの私に親身にお答え下り、
    本当にありがとうございます。

  50. 匿名2

    >子供の頃からお世話になっていて・・・
    これはあなたが感ずる事ではありません。確かにそうでは有りますし、そこの所は大切な事でも有りますが、お世話をするのは布教師として当然の事で、その事についてあなたが恩を感じる必要性は有りません。彼らが選んだ彼らの人生です。ただ感謝は必要です。その感謝は女子青年として又ひのきしんと云う形で表してると思います。
    たぶんこの《恩》と云う部分で負担に感じたり、おし付けに感じたりするんじゃ無いでしょうか?
    率直に言ってこの時点で信仰が信仰じゃ無くなってるんですよね。信仰って心を磨く為のものであって、押し付けや負担に感じる時点で何か違うものになってしまってる。信仰してるのに、その信仰で悩みが出てしまう。おかしく有りませんか?そもそも信仰は自分の心を神様に照らし合わせた時、それが善なのか悪なのか?判断する為の材料だったり、人生に迷ったりした時に自分の心に問うたり、そんなものです。もっと言い換えれば、してもしなくてもどちらでも良いものなんです。でも何かにやっぱり祈ったりすがったり、そういった時其処にあればいいんです。要は心に自分だけの神を持ちなさいと言う事ですよね。でも神様も色々で何かと要求が多いです。お供えだったり、ひのきしんだったり。言う通りにしないとアレコレこじつけられたり。
    そんな時は従う必要性は一切無いです。会長さんの前でいい子良い子でいる必要性も全くありません。匿名さんのおっしゃる通り我儘を思いっきり言うのが良いでしょう。大いなる我儘をやっても親神様はそんなに懐ろの狭い方ではありません。
    最後に3日講習会の事でご主人と揉めるなら、又あなたが気が進まないのなら行かなくて良いです。信仰で家族が揉めてしまっては本末転倒、この時点で信仰じゃ無くなりますからね。何のための信仰か?根本を考えるべきでしょう。

    本来信仰って仲良し子良しじゃ無い、神様対自分との対話のはずです。自分がどうしたいか?どう有りたいのか?その為には何が必要で何をすべきなのか?
    孤独な作業です。。。

  51. 匿名2

    お子さんが我儘を言ったら、大いに受け止めて上げて下さいね。人生には我儘も必要です。
    皆んなで我儘言えばいいんです。

  52. 一よふぼく

    匿名2さん

    ありがとうございます。
    感謝はひのきしんで十分表現している…そうだったなぁって思います。
    本来なら神様と自分なのに、いつの間にか教会と自分になっていました。

    昨日、「会長夫妻、大嫌いだ」って1人の部屋で叫びました。涙がわーっと溢れ、そしてすぐ、おさまりました。今はもう、感謝の気持ちのみで、でも必要以上に関わるのはよそうと思いました。
    信仰が押し付けになってしまうよりはよっぽどいいです。

    まだまだ不安な気持ちもありますが、これも信仰的自立かもですね?

  53. 匿名

    鬱積した感情を発散することで、喜びの理を神に供えられたわけですね。
    喜びには喜びの理が廻りますね。よかったね~♪

  54. 匿名

    自分も会長夫婦大嫌いです。
    天理教はもはや付き合いです。
    が、色々押し付けて来ます。
    都合が悪くなると天理教用語で攻めて来ます。
    必要以上に関わら無い事にしてます。
    押し付けて来ると必ず揉めるんで、
    天理教要りません。

  55. 匿名

    天理教って病気になってもお見舞いの手紙一つ来ませんよ。
    そのくせ神様だ、理だてだ、おさずけだぁだって。。。酷い時はお願い勤めで理だてって。
    おさづけとやら、来てないけど。。。
    色々な人がいるけど。。。
    でも人が出直し(亡くなる)と喜び勇んで来るのよね。
    祭主を務めて葬儀の《お礼》が貰えるから。
    遺族より先に子連れでゾロゾロ来ていの一番に教会代表で焼香を済ませて、見舞い一つ手紙一つ寄越さない人が、賑やかに見送り出来て良かったね〜だって。。。
    後ろからどついて、蹴り入れてやろうかと思った。

  56. 匿名

     多くのお尽くしをしてくれた信者が亡くなった時、葬式には、会長からは香典も、弔電も一切無かった。
    一度見舞いに来て、おさずけして、別れの挨拶はした、というところだろう。心で充分、することはした、というのだろう。
    それは納得できる。信者の為に祈り、心の中で、今まで尽くしてくれた礼も言ったことだろう。心で充分だ。
     なのに、なぜ天理教は、たくさんお供え(金)を必要とするのか?心で充分ではないのか?

  57. 匿名

    本部そのものが、手段と目的を逆転してきた結果、建物の維持発展が信心であるかのような幻想の中にいる訳です。
    体育後援会費は云うに及ばず、震災援助の協力金でさえ、強制であってはならないと思います。
    そういった本部の姿勢そのものが、先々の教師達の時間と資源と知性と理性を疲弊させ、先々へも負担をかける原因になっているのです。
    歴代真柱は神の代弁者でなかったという、当然の事実が、露呈している訳です。
    真柱始め本部員は、世界人類をタスケル事に専念しなさい。

  58. 匿名

    先々の教師や信者達のほとんどは「人たすけたら我が身たすかる」の教えを信奉しているよき人達だよ。
    この集団の全ての問題は、人類の先導者、善導者たるべき本部人事に帰するといってもいいだろう。

  59. 古い教会長

    匿名 様。
    >先々の教師や信者達のほとんどは「人たすけたら我が身たすかる」の教えを信奉しているよき人達だよ。

    ・・・と思いきや、多くの部内があったり、大きな神殿普請が完成した会長は、部内教会や信者さんのお蔭、という事を忘れて、先祖代々の徳、自分自身の徳で完成したと思い誤り、勘違いしたモンスター教会長になる人もあるのです。
    金が多く集まったり、立派な建物が出来上がると「欲にきりない世界」に入って行きモンスター教会長になってしまう人もいるようです。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  60. 匿名

    上から泥を流すから勘違いしちゃうんでしょうね。
    来生は苦労の多い道になるんでしょうね。

  61. 匿名

     きりなし普請とは、「欲にきりなし普請」という意味だったのですね。

  62. 天理教の「お供え」より引用させて頂きました。

    >しかし、信仰心の篤い、一般信者さんのお母様のような方々は、そんなにも、教会に、天理教に尽くし切る、信仰というものを通り越して、まさしく洗脳状態としか思えません。そしてそこまでさせる天理教の教会は、
    《異常》です。信者を洗脳状態にさせる宗教は【カルト】、『多額な金』を信者に出させる宗教はカルト、とこれまでも投稿者の方が言われてましたが、その通りと、何べんも言いたいです。

  63. 会長に良い子いい子するの止めましょう。

    皆でワガママ言いましょう。

  64. 匿名

    会長や奥さんに気をつかうの疲れました
    こちらの誠意は全く受け取ってもらえず
    当たり前のように威張っている
    何十人もの知り合いとは皆上手く付き合っている
    あの人達とだけは通じ合えない
    もう止めた
    高慢なのはあの人達で私ではないと確信したよ

  65. 匿名

    会長さんの言う事は素直に聞きましょう。
    でも、多額の献金は止めましょう。
    でも、多額の献金は欲しいです。
    きりなし普請です。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  66. 古い教会長

    匿名様。
    >多額の献金を信者に要求する宗教は悪徳宗教法人ですか?

    その通りです。
    ただ、自分の私腹を肥やしたり、教会や教団の為の利益供与に導いたりするのは悪徳です。
    欲の心を心を忘れ、世の為、人の為に散在する心に導くのは悪徳ではありません。
    杉良太郎さんなんかは、人助けの為に数億という私財を出しておられます。

    献金を信者に要求する時点でもう悪徳と言ってもいいでしょうね。
    末端の教会長は、話を上手く、すり替えられて、知らず知らずに悪徳の手先に、させられてしまっているのです。
    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  67. 命の泣き声さんを応援する者より

    >杉良太郎さんなんかは、人助けの為に数億という私財を出しておられます。
    こういう方を本当に徳のある人間というのでしょうね。
    きりなし普請で、信者達からお供えを取ってるだけの、本部の人間達は、自分達が徳があるなんて、勘違いも甚だしいというか、救いようの無いおバカな人達です。

  68. 匿名

    天理教の皆さんにお願いします。義父母は信者でしたが、私は信仰していません。夫は出張が多く私が一人で居る時間が多くあります。そのような折に、何の前触れもなく教会の方が訪ねて来られるのですが、これが一番困ります。風呂やトイレに入っていることもあります。昼寝をしていることもあります。出掛けていることもあります。なのになぜ出てこないと云われてもどうしようもない事情があります。
    どうか個人の家を訪ねられるときは、前もって連絡をしてください。これが正しい教えだと一方的に話されても、常識に欠ける方々を見ていると疑問を感じざるを得ないのです。この場面で議論されている信仰論以前の問題です。

  69. 匿名

     前もって連絡してから来てください、と強く抗議して頂くのがいいと思います。
    来てほしくないのだったら、はっきりお断わりになって下さい。言わなければいつまでも来るでしょう。
    怖さを感じますね。常識が無いことも、礼儀を外していることも、わからないのだから。はっきり言わないと嫌がられていることも、気づかずいつまでもしつこく来ます。あなたが無理なら、ご主人に抗議して貰ったらいかがでしょうか。

  70. 匿名

    2016年5月20日 1:52PMの匿名 様

    早速のアドバイスを有り難うございます。
    夫の両親を祀っているので、ついつい断りにくいのが現状です。夫はのらりくらりではっきりしません。そうですね、いつまでも悩んでいても解決しませんものね。直接言いにくいので、夫に連絡をするようにお願いするなり、断るなりを決めて、教会宛に手紙を書くように強く言います。
    それにしましても、このような一般常識的なことが何故理解されないのか、天理教の未来は暗いのでしょうね。

  71. 一よふぼく

    匿名さん

    確かに、なんの前触れもなく(連絡いただく場合もありますが)くることが多々ありますね。
    時間を指定しているのに、その時間に堂々と遅れて連絡の1つもないことも。
    他の用事だってあるかもしれないのに、関係ないんですね。

    正直なところ、信仰者同士だとそういうところは暗黙の了解というか、
    気にしないことが多いです。ただ、信仰を知らない方にそれを押し付けてはいけないと思います。
    信仰者は「天理の教えこそが絶対」という自信があるので、こちらが常識をとなえても
    多分聞き入れないことが多いと思います。
    (もちろん、教会の方や信仰者で一般的な常識を持ち合わせている方はたくさんいます)
    それでも、連絡なしで迷惑な時間に来られたら、今は困るとお伝えしたほうがいいです。
    私も最近はそうしてます。

  72. 匿名

     ご両親様をお祀りしておられるのなら、向こうも、なかなかうんと言わないかもしれませんね。その会長(だと思いますが)は、毎月ご両親様の御霊をお祭りに来て、あなたからお礼を貰っているのでしょうか?向こうはお礼が目当てでしょうから、お祭りしないといけないとか言って、なかなか引き下がらないかもしれませんが、そういう、常識のない会長から拝んでもらったとしても、ご両親様はお喜びにはならないだろうと思います。お社を置かれてることで、向こうがしつこく言うなら、お社をお返ししても構わないと思います。私のところは先祖を仏壇で祀ってありますが、箱物に過ぎないと思っています。相手がしつこいなら、天理教のお社をお返しになり、他でお社をお買い求めになったらいかがでしょうか。あなたが心を込めてお祭りされた方が、ご両親様もお喜びかと思います。

  73. 古い教会長

    匿名 様。
    >どうか個人の家を訪ねられるときは、前もって連絡をしてください。これが正しい教えだと一方的に話されても、常識に欠ける方々を見ていると疑問を感じざるを得ないのです。この場面で議論されている信仰論以前の問題です。

    そんな会長います。部内教会とか信者を舐めているとしか言いようがない会長です。上級の会長というだけで、あたかも身分が上であると勘違いしていると思います。
    悪者になっても一度ピシッと言う必要がありますね。手紙でもいいと思います。強い信念を持って言うことです。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  74. 匿名

    一ようぼく 様
    2016年5月20日 10:23PM匿名 様
    古い教会長 様

    夫々のお立場からコメントを下さり、心強いばかりです。古い教会長様からはブログを始めリンクをご紹介下さり、勉強させていただきます。天理教の教えの内容も詳しい事は理解できていません。
    毎月の月祭りは、夫が家に居る折に会長様が来てつとめております。それ以外に、近くに来たからとかの理由で立ち寄られるようです。お供えは夫がしています。金額は分かりません。
    以前、月祭りの後の説教で、お前の家は因縁が深いのでしっかりつとめよ、と夫が云われているのを傍で聞いていましたが、何のことかわからず夫に聞いても夫も何も知らないようです。義理の祖父母の代からの信仰だそうですが、その祖父母に何があったのか、顔も知らない私には想像がつきません。
    子供たちも独立して家庭を持ち二人住まいですが、皆様のアドバイスをもとに、教会との付き合いをどのような形にするのかを夫と話し合って、ハッキリと決めてゆこうと思っております。
    ありがとうございました。

  75. 匿名

    世間の常識=天理教では非常識。
    天理教の非常識=世間の常識。
    つまり天理教の人間は、じぶん達が何をやっても、それが当たり前の常識だと主張するんです。
    有名です。

  76. 匿名

    つまり天理教の常識は世間の非常識です。
    天理教の常識=世間の非常識

  77. 古い教会長

    匿名様。
    色んな情報を、見て聞いて読んで、そして自分はどうするのか判断して下さい。この教えの中には良い所も悪い所もあります。情報は心の栄養です。
    これから、あなたが前向きにイキイキと喜んで歩んで行けることを願っています。ご夫婦仲良く暮らして行って下さいね。

    ブログ<原典からの出発>植田義弘先生のブログです。
    http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
    天理教の「御供え」についてをリンクします。
    http://6706.teacup.com/5051/bbs
    命の泣き声~天理教への信仰でお悩みの方へ~
    「命の泣き声」さんのホームページのリンクを張ります。
    http://inochinonakigoe.grupo.jp/

  78. 匿名

    2016年5月22日 3:49 PM 匿名 様
     「お前の家は因縁が深いのでしっかりつとめよ」なんて言うような会長は、まず、あなた達ご夫婦から、金を引き出す魂胆があるとしか思えないですね。金銭被害者の仲間入りをしないうちに、付き合いを断る方が無難と思います。
     気持ちを強く持って、はっきりお断わりになって下さい。

  79. 匿名3

    >2016年5月22日 3:49 PM 匿名 様
    お社(かんざねさま)をお返しすると言ったら相手からまたお供えなりお礼なりを請求されるかもしれません
    そこも気をつけて下さい
    来ないで下さいとハッキリ言うのが良いと思います
    奥様は宗教に頼らずともお子様を立派に育てられたのだから
    ご夫婦でお幸せに。。。

  80. 匿名

     こんな教会長がいるから、世間からよけいに嫌われる。においがけの戸別訪問など、世間の嫌悪感をますます募らせるだけだと思うのだが、においがけ、おたすけとハッパをかける上の命令に従い、生真面目にやっている方が気の毒に思う。

  81. 匿名

    5月23日5:02PM 匿名 様
    5月23日5:04PM 匿名 様
    5月23日8:08AM 古い教会長 様
    5月23日10:39AM 匿名 様
    5月23日11:13AM 匿名 様
    5月24日10:37PM 匿名 様

    皆様からご丁寧なアドバイスを下さり、心強く感じております。実家は門徒でお寺さんは春秋の彼岸近くと、両親の命日が同じ月なので、年に3回焼香に来ていただいているとのことですが、来家の日時は話し合いで決めているといっています。
    お社を返すことまで考えていませんでしたが、天理教の方々に少しでも気付いていただければと思って書き込みをしました。そして、このような思いを持っておられる方々が居られることも分かりましたので、何度も申し上げますが、心が軽くなりました。ありがとうございました。
    ただ、両親の御霊をどのようにお祀りしてゆくのかを夫と話し合ってハッキリとさせてゆこうと思っております。

  82. 匿名B

    5月23日5:02PM 匿名 様
    5月23日5:04PM 匿名 様
    5月23日8:08AM 古い教会長 様
    5月23日10:39AM 匿名 様
    5月23日11:13AM 匿名 様
    5月24日10:37PM 匿名 様

    再度投稿させていただきます。実は夫のパソコンでポチポチと入力をしていたのですが、夫から投稿者の名前を「匿名」としていると夫と私の投稿が分からなくなると夫からいわれて、今後は投稿する場合は名前を「匿名B」として投稿いたしますので、よろしくお願いいたします。また、夫は「匿名A」の名前で投稿すると云っております。

  83. 匿名A

    宗教法人 天理教〇〇分教会や宗教法人天理教〇〇大教会の土地・建物の名義人を知るには、法務局に出向くか、あるいは郵送で所要の手数料及び返信用封筒を同封してその法人の登記簿謄本なり、土地・建物の登記簿謄本を請求すればよいのです。登記簿謄本は請求しなくても閲覧も出来ます。
    その際に必要なことは、その法人の住所及び名称を正確にメモしておくことです。
    その法人の名義人が仮に教団本部になっていなくても、何らかの権利の設定をしているかもしれません。その内容も知ることが出来ます。
    これらの個々の法人が、神殿を建て替えるなり、大々的な修繕をする場合は、必ず「お運び」があり「お許し」があって、教団本部はすべての事情を知ることとなり、資金が必要となれば、その資金の借り入れは、教団本部の息の掛かった金融機関からしか借り入れが出来ないシステムになっています。
    そして、教団本部はその宗教法人の土地・建物に権利(例えば第2抵当権)を設定してしまうのです。なぜかといいますと教団本部が保証人になっているからだと想像するからです。第1抵当権者は貸し付けた金融機関かも知れません。
    終わりに、△△県に所在する宗教法人天理教〇〇大教会の土地・建物の登記簿謄本を請求するには、わざわざ△△県にある法務局に出向く必要はないと思います。登記はオンライン化されていて、近くの法務局で請求できると思います。一度、地区の法務局に問い合わせされてはいかがですか。
    登記は公証制度です。公証制度は誰でも所要の手数料を納めて閲覧なり請求が出来る制度です。不動産等の名義のことは想像で話さずに、登記を見て正確な話をされた方がいいと思いまして投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。