臓器移植と教義解釈(8/30付けの天理時報から) 

true



今年は冷夏のようであるが、まだまだ日中は暑い。

それはさておき、8/30付けの天理時報を見て仰天してしまった。今号の一面記事は台風9号の被害である。天理教が持つ災害救援隊の活躍がニュースとして扱われている。災害救援隊の活動は素晴らしい活動である。そして今号のために用意されているメインテーマは発達障害である。「子どもの発達障害」というテーマ設定から私は疑問である。なぜなら発達障害は子どもだけの疾病ではない。私の知り合いに児童青年精神科医がいるが、彼は数年前から「発達障害(PDD)の喫緊の課題は義務教育を終えた人の支援である」と言っている。昨今、教育界を中心に発達障害がにぎわっているようである。その点で言えば、子どもの発達障害は流行であり、ある程度、行政支援や支援技術も輪郭が見えてきている。しかし、その発達障害の子が義務教育を終えたときに進学も就労もできずに自尊感情を傷ついたオトナとなる。中には知能が高く(HFPDD:高機能公汎性発達障害)、進学や就労ができても人間関係を結べないで孤立するケースが多いと聞く。
前々回に「子育て不安」の件について私が主張したことがそのまま当てはまる。

常々思うことだが、天理時報の裏付け取材はズサンであるとしか言えない。

まぁそんなことは今回大したことではない。私が今回の天理時報を見て猛烈に反論したいことは別にある。それは3ページ目の「視点」である。そこで扱われているのは「臓器移植」である。臓器移植法改正に基づく脳死判定の天理教的評価である。この話題は非常にセンシティブであり、究極的に宗教的な話題である。こういった話題こそ今号みたく紙面の隅に小さく載せるのではなく、里親記事のように継続したシリーズを展開して欲しい。著者は誰なのか明らかにされていないが、一人の個人的見解を天理教的見解の総括として新聞の片隅に載せる姿勢は許されるものではない。こうした慎重に、かつ継続的に扱われるべき課題を簡単に済ませようとする天理教的姿勢に対して私は積極的に批判する。

本記事の内容もまた到底賛成できるものでもない。「脳死は出直しではない」というテーマを自ら設定していながらも、その教義解釈について答えていない。また『「脳死を人の死」として臓器を切り取るような行為は許されてはならないと考える』と帰結している点は問題の摺り替えである。そしてそれは狭隘な個人的思想の何ものでもない。またその思想は今後臓器移植が発展していく中で建設的見解ではないことは明白である。この考えでは、もし天理教人の中に臓器移植をすれば助かるであろう人がいても、移植せずに見殺しにするだけである。そんな簡単な話だろうか。この著者はきっと臓器移植の当事者になりレシピエントになったとしても臓器提供することは拒むのだろう。そうでないと主張の筋が通らない。この著者の論理は輸血を拒否する某教団と何が違うのか私には分からない。天理教的な見方を提示しているつもりだろうが、その説明は現実離れしている。匿名にしている点も、その自信のなさが現れていると思う。

問題は複雑であるという見識があるならば、その複雑性を担保した結論を出さないのはなぜだろうか理解に苦しむ。天理教が持つ「天理やまと文化会議」というシンクタンク的組織がありながら、こういった貧弱な結論しかでないのは天理教の知的リソースの部分はすでに死んでいるといっても過言ではない。「天理やまと文化会議」なるものの実態は分からないが、アカデミックの作法がある人間はこのような無作法な断定はしないはずである。なぜならアカデミックの使命は人類の発展だからである。その点は天理教の金科玉条である陽気ぐらしと背馳するものではない。以前、天理大学に哲学専攻を作るべしといった私のアイデアが再燃しそうである。

「脳死を人の死」と「臓器を切り出す」ことを一括りに批判する著者は天理教教義の部分に関しても軽薄であり、知的に貧困であるとしか言えない。

ちなみに私の臓器移植に対する考えは、世論と同じである。それは「よく分からない」ということである。よく知らないことではない。よく分からないのである。よく分からないから、みんなで考えましょうという姿勢こそがオトナの振る舞いであると私は信じる。臓器移植をして喜ぶ人、悲しむ人。臓器移植ができなくて悲しむ人。著者はどの立場で臓器移植を考えて、『「脳死を人の死」として臓器を切り取るような行為は許されてはならないと考える』と考えるのか明確にすべきであろう。この著者は、そういった当事者を前にしても、同じ言葉を吐けるのか。吐けるのであれば私は思想家として立派だと思う(天理教人としては最低であるが)。少なくとも自分の意見を押し通すために、自分の経験に関連する教義のみを取り出して何も言わせないように周囲の口を閉ざす(教育界ではそういった行為を脅しという)やり方は幼稚であり何より陽気ぐらしではない。

この著者が誰だか分からないが、こういった思想的に未熟な人間が天理教内部にいるのでは天理教の将来は明るくない。

こういった考え続けなければいけない大切な問題に対して独断的な指針は断固許してはならない。
天理教の将来を憂うが故私は本当に嘆いている。そして本当に腹が立つ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。