天理教の主張について

久間防衛大臣の「原爆投下はしょーがない」発言が昨日、今日とメディアを賑わしていますね。
私は何ぶん深夜の一部の報道番組を風呂上がりに「ふーん」と何気に見てる程度ですが、
新聞、ネットニュースは適宜チェックしてます。(ネットの場合、勝手に目につくんですが)

とりあえず、整理しますと久間さんは「とりあえず」言ってしまった。理由は不明。

批判続出

いや、あれは「アメリカの立場での発言だよ」と弁解

それでも被爆者団体を中心として世論(メディア)が大騒ぎ

(慌てるように)謝罪。総理の厳重注意。参院選前だしね。

与党内の広島、長崎選出の議員達が反対。罷免要求に。

現時点ではこんなところでしょうか。
確かに、日本の為政者としてこの発言は「言っちゃいけない」発言ですね。
しかし、本人は一地方の講演だからと深く考えずに「言っちゃった」のは明白ですね。
一昔前の自民党失言ラッシュではどこかの議員が「地方だから気も抜けて言っちゃうんだよね~」
と言ってたのが思い出せますね。

しかし、私は「この程度くらい・・・」と思いました。
なぜなら、この問題は政策論争ではないからです。
政策論争以前の代議士の共通使命とは何でしょう。
それは「日本をよりよくする」ということです。
そうです。日本をよくするという共通の前提があるのです。

あれ?そんな使命があるのに「この程度」って矛盾してるって?

政策論争は「どうよくするのか」という手段のレベルでの話であります。
しかし、久間発言に関してはその共通の前提が欠落しているのが問題でありますので
つまり、論争に値しないということなんです。
だれも「こんな大した問題でお騒ぎするんじゃねーよ」と言っているわけではありません。
「こんなこと言ってる奴なんて、論外だよ」と申し上げているのでございます。

では余計に「この程度くらいじゃねーじゃん」ということですが、
ポイントはこんな代議士でさえ私たちが選出したのであります。
極論を言えば被選挙権を持っている私たちは見る目がないということですね。
選挙はメディアの風潮に流され、特に新しいものを否定から入る日本人には
理由はわからんが、とりあえず太いもの(自○党)にまかれろ、安心じゃん。
ということです。

つまり、私が言いたいことは議会制民主主義を採用している以上「この程度」の議員を作ったのは私たちなのです。
(例え私が民○党に入れたとしても、選挙している時点で制度を承認した1ピーズであるから)

だいぶ前置きが長くなったんですが、天理教とからめて考えてみましょう。
天理教には特に政治には口を挟みません。天理時報を見れば一見にしかず。
天理時報という天理教最強の情報伝達ツールではいかに仲間(用木)がいいことをしたか、
に重点が置かれています。また、漠然とした出口のない批判(人々のこころが荒んでいる)。

少し前では天理教が出資している病院で臓器移植の宗教的見解という点で議論されたそうです。
しかし、その議論は静かーに終わり、何もなかったような結果を一応発表しています。
つまり、天理教は世論の議論を刺激することを極端に嫌っています。
(嫌いとは言っていませんが、必要なことも言わないので嫌いとしか言えません)

しかし、それでいーの?  それって、波風立たないようにしてるだけじゃん。
ということになります。もちろん、どっかの宗教のように「輸血禁止」まで行くと極端ですが、
政治的見解の前提となる国民的合意には天理教としても合意形成を表明しておくことが必要ではありませんか?

なぜなら、国民的合意まで放棄してしまうことは、じゃ天理教は何がしたいの?となるからです。
久間発言と絡めるなら、原爆投下というのは非陽気暮らしである。という主張です。
平和への手段(政策論争)は宗教的絶対があるので参加しません。しかし、陽気暮らしと輻輳する
目的には合意しますよ。ぐらいは言っておいた方がいい。
天理教の常識は世間の非常識と言われていますが(私が言っていますが)
政治的見解と宗教的見解のレベルではなく、生命体存続のための目的としては政治も宗教も違いはない。
天理教の中にも左翼、右翼の人がいると思いますが、それ以前の問題ですね。
「天理教の存在意義は何か」というラディカルな問いは、今後多様化した世の中では
よりその真価が問われるでしょう。「何言ってんだよ!天理教は暴力的解決に断固反対だよ!」という姿勢こそ大切。
リアリストは「そんな平和主義的楽観では何も解決しねーよ!北朝鮮がミサイル発射したらどーすんだ?」
と言われるでしょうが、それでも
「それもいけない!とりあえず、正当化される争いなんてない!暴力的解決は断固反対!」と
超左翼的発想こそ存在意義があるのではないでしょうか。
また、左翼と異なるのはそれを現場でどのように実践するかというリアルなことだからです。
天理教の共通目標は陽気くらしです。そのために、もっと知恵を出して誰も負けることがない
みんな喜べる道を模索し続けることに意義があります。
ハイリスクハイリターンではなく、いかにローリスクハイリターンで済ますかは現場で頑張っている用木が一番実践している
ことではないでしょうか。

天理教の主張について」への13件のフィードバック

  1. 匿名

    1. スイッチヒッターを目指そう
    陽気ぐらし主義ってどんな思想になるのでしょうか?
    右でも左でもなく、懐深く大らかに受け入れる器を持ちたいなあ。

  2. 匿名

    2. Re:スイッチヒッターを目指そう
    >ボチボチさん
    陽気ぐらし主義というものが天理教内で存在するのですか?陽気ぐらしを第一選択として考えるということではないでしょうか。右でも左でもなんて不可能ですし、そういう分類はポストモダンではナンセンスという流れを私は支持しますが、一般的には日本宗教(日本文化)は左でしかない馴染めないと思います。

  3. 匿名

    3. 陽気ぐらし主義は保守本流の革新?
    >カインさん

    あなたの言葉からの引用です。
    >天理教の中にも左翼、右翼の人がいると思いますが、それ以前の問題ですね。

    そうなんです。
    右、左ははそう問題ではないのですが、天理教的思想の現れる現象としては左が多いと思います。
    ところが逆に天理教組織を考えてみますと、圧倒的に右が多い。
    しかも、左は不足集団のレッテルを貼られかねません。
    まあ、これは別の話題でございますが…。

    じゃこんなふうに考えてみましょうか。

    今まで便宜上使用していた右、左の意識そのものが正しかったのか?と。
    今回の地震で「子供手当て廃止」「高速道路無料化廃止」「期間内消費税アップ」等が決まろうとしています。
    民主党は地震のお陰で政策を変えることの大義名分が出来ました。
    民主党は財源が思ったほどないことを中に入ってみて、薄々知っていたのです。
    でも公約だから言えない。
    公約を守ろうとすれば国を護れない。

    話し合いとして、一度は総てを受け入れながら、新しい答えをみんなで標榜する。
    その結果受け入れた答えが間違っていれば、すぐ訂正出来る器。
    多数決だけをよしとせず、互いを尊敬し、立て合う器。

    暫定的にそれを陽気ぐらし主義と呼びたい。
      (ぼちぼち談)

  4. 匿名

    4. Re:陽気ぐらし主義は保守本流の革新?
    >ボチボチさん
    「じゃこんなふう」以前は理解できますが、それ以降の論理構成と題名がよく分かりません。読解力が足らなくてすみません。私は党派的週刊誌的に右へ倣えと政権を批判することは好みません。ちょっと考えましたが、私が考える陽気ぐらしとはメタ認知的なものですので、主義にはならないと思います。陽気ぐらしという達成不可能なもののために効果的な方法は主義や原則、批判ではないと考えます。陽気ぐらしとは目的であると同時に方法論でもあると。ただ私の思う陽気ぐらしと、ボチボチさんの思う陽気ぐらしが違うのも当然だろうという不確実性(敵対性)を容認することもボチボチさんの言われる立て合う器ということだと思いました。ちなみに不肖カインは意見が違えば受け入れるより先に手が出ちゃうタイプです。まだまだ未熟です。あぁ矛盾。

  5. 匿名

    5. ○×で失礼します
    ○政策論争は「どうよくするのか」という手段のレベルでの話であります。

    ◎陽気暮らしと輻輳する目的には合意しますよ。
    ×超左翼的発想こそ存在意義があるのではないでしょうか。

    ◎天理教の共通目標は陽気くらしです。そのために、もっと知恵を出して誰も負けることがない
    みんな喜べる道を模索し続けることに意義があります。

    右、左以外にも道は千筋にあると思うのです。
    頂上が同じであればなんら問題はありません。

    それは時代によって民族によって異なることでしょう。
    日本国民のみが幸せになることが陽気ぐらしの道でないことは確かです。

  6. 匿名

    6. Re:○×で失礼します
    >ボチボチさん
    ボチボチさんの陽気ぐらしに対する熱
    温かい思いが伝わりました。ありがとうございます。恐れ多くも意見させていただくと、ボチボチさんの理論的出発点には「陽気ぐらしには違いはない」という一神教的信仰があると思います。それは「陽気ぐらしと輻輳する目的には合意する」という点です。その考えでは「あの人の考えは陽気ぐらしではない」と容易に排除できます。例えば殺人犯でも民主党でも彼らは彼らなりの陽気ぐらしが存在していたとおもいます。まずはそこを容認しなくては、独りよがりの陽気ぐらしになりましょう。キリストのいう隣人愛とは、自分の好きな隣人という理想ではなく、絶対好きになれない隣人をいかに愛するのかという己への挑戦なのです。ですので陽気ぐらしという度量衡で人間を選択することは天理教の存在意義を喪失させると私は考えます。

  7. 匿名

    8. 無題
    >カインさん
    >ボチボチさんの理論的出発点には「陽気ぐらしには違いはない」という一神教的信仰があると思います。

    私は賢くありませんので、「理論的」ではなく、いっつも「感覚的」なめちゃくちゃです。

    その感覚的な天理教観ですが…。
    ①つとめとさづけを外して天理教は成り立つのか?
    ②陽気ぐらし的な生き方は天理教以外では出来ないのか?

    ③陽気ぐらしを標榜せず、職業的につとめとさづけをしても天理教と呼ぶのか?

    おひまでしたらお答えしてみて下さい。

    殺人を犯した人も人様の為に無償の汗をかいたこともありましょうし、民主主義は多数決といいながら、力のある者のワガママが勝つこともあります。

  8. 匿名

    9. Re:妄想ですが…
    >ボチボチさん
    大変すみません、私のPCからリンク先が見れませんでした。

  9. 匿名

    10. 無題
    >カインさん
    妄想を改めて紹介するのも恥ずかしいものですが…。

    http://ameblo.jp/botiboti-1110/

    大政奉還の妄想
    2011/04/22 11:12

    菅政権が末期症状を迎えています。
    が、震災復興に向けて、政治的空白を作るわけには行きませんから、おいそれと解散は出来ません。
    このままでは菅総理は日本の歴史上最悪の総理の烙印を押されることになるでしょう。
    そんな菅総理の為にとっておきの秘策を提供致しましょう。
    「坂本龍馬は『日本を洗濯する。』と表現し、大政奉還の案を示し、江戸幕府が政権を手放し、明治維新がおこりました。
    私はこの度、震災復興が遅れた責任を取り、総理大臣の職を辞任致しますが、次の総理は震災復興内閣と位置付け、自民党でも民主党でもない、人物本位の党派を超えた総理の選出をしていただきたい。
    その選ばれた総理が、党利、党略を超越した人材を各所から選出し、日本の再建に命をかけていただきたい。
    最後に…。
    党派を越える決断の証しとして、政党助成金を無くし、その財源を復興支援に回すことを提案し、辞職の挨拶とさせていただきます。」

    と言う妄想はいかが?

  10. 匿名

    11. Re:無題
    >ボチボチさん
    これは管総理のためなんですか?議会制民主主義では不可能でしょう。日本行政について、私はかなり成熟したものであると認識しています。これほど政権が不安定でも、経済は動き、犯罪は急増せず、教育は行われ、我々は日常を送れます。もし中国で同様の事態があれば今まで力で抑制されていたため、治安は乱れ、辺境は独立し、軍隊は暴走し、為政者は暗殺され、経済は混乱し、血が流れ、日常ではなくなります。ですので、日本社会はかなり磐石な強さを持っています。確かに閉塞感、停滞感は強いですが、これほどシステムが完成された国家はないと私は評価しています。震災についても復興が遅れているのは管さんだけに責任を帰するべきではないでしょう。これらは我々が作ってきた日本のシステムの結果であり、メディアに振り回されて他人をこき下ろすのはオトナの作法ではないと私は思います。

  11. 匿名

    12. 菅ちゃん待ちで通ればリーチ
    >カインさん

    まずは妄想に真っ向からお付き合いいただきましてありがとうございます。
    ご承知の通り連立の話はあるにはあったのです。
    自民党側から「菅さんが総理のままではいかんん。」というごもっともな意見の為に立ち消えました。
    しかし、この時に、例の辞任演説をしたらどうなったでしょう?
    自民党は連立を断る大義名分を失ってしまいます。
    そして菅さんは遺言替わりに、例えば『消費税アップ』を託して身を引く方法があるにはあります。

    メディアを上手く利用した代表的な総理は小泉さんであろうと思いますが、「大政奉還」の話を公の場でやるパフォーマンスにマスコミは「次の総理は誰がなるのか?」と興味をそそられます。
    そうなると、自民党であれ、民主党であれ、みんなの党であれ、党利党略のエゴを全面に出しにくくなり、人選は震災復興内閣に自然と向かっていきます。
    そして、これが政界再編につながっていくはずです(乗っかかれば)

    >メディアに振り回されて他人をこき下ろすのはオトナの作法ではないと私は思います。

    オトナはメディアを上手く利用するんです。

    菅さんをこき下ろしているのではなく、一世一代の男の花道を提案しているだけのことです。

    残り牌も少なくなってきました。
    菅ちゃん待ちで、通ればリーチです。

  12. 匿名

    カインさんのブログは。
    問題を提議して、過程を述べ。
    そして、社会的考察、関連性をも含め。
    明確な自身の、考えと意見を提示している。

    社会からの現実逃避を続けている。
    天理教組織、天理教人に。
    一番足りていないものです。

    「天理教は、いったい何がしたいのですか?」
    私も昔。
    日頃、上納金の少ない信者さん。
    世間、家族からはぐれてしまった信者さん。
    年下の、若者、教会関係者に対しては。
    上から物を言い放ち、無駄に天理教用語を並べる。
    天理教の中では、一部のなのか、過半数なのか。
    たまたま、お伺いした方々が、
    高慢だっただけなのか。
    そんな先生、会長さん、関係者の方々に。
    お伺いしたことがあります。
    もちろん、明確な答えなどは返ってきません。
    案の定、締めのお決まり言葉は。
    「お前は何もわかってない。
    もっと天理教を勉強しろ。生意気だ。」と。

    「天理教の常識は、世間の非常識」
    昔から、よく耳に入ってくる標語であり。
    ほんとに、そのままの事実です。
    私自身、経験体験、後始末もしてきました。

    「存在意義」
    人間にとって、生涯の葛藤するテーマですね。
    幼少期、思春期、社会人、老後と。
    自分の存在意義とは…?。
    色々な場面で、悩み葛藤するものです。

    天理教の存在意義とは…。
    人として勘違いを続け、後先考えずに。
    これ見よがしに、建物や物品に。
    上納金を注ぎ、無駄に宗教言葉を並べる。
    世間と対話も出来ない。
    一部の天理教関係者にしか。
    天理教の存在意義はないのかもしれませんね。
    勘違いを諭せず、逆に勘違いをさせている。
    周りの天理教関係者にも、問題はありますが。

    純粋な信者さんや。
    信者さんと共に、暮らし支える。
    天理教とは関係のない、ご家族、方々の。
    気持ちを踏みにじり続けることは。
    もう辞めて欲しいと。
    願い、声に出し、伝え続けます。

    天理教の存在意義とは…。
    天理教組織、天理教教人も。
    第三者、関係者、機関も交えて。
    もっと、真に考え、討議して欲しく願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。