会議について

天理教の中央に深くコミットしている友人から依頼があり
専門家として証人尋問のような会議に参加させていただきました。

なにせ、専門家といってもまだまだ若造なもので非常に恐縮しておりました。
しかし、それをも忘れるくらいイライラさせられ、それどころじゃなかったです。

何が言いたいかと申しますと、あれは会議ではなかったのです。
会議とはそもそも実務的な協議のために成員を招集しています。
そして、会議の目的は成員(代議員)のコンセンサスを得ることです。
それは、決して満場一致ではなく意見の対立する中でどのように
着地点を見出して妥協点を計りにかけるかでしょう。

しかし、天理教の会議はまったくコンセンサスなんてありません。
まず、会議の構造から疑問でした。
いわゆる上座には会長さん(委員長さん)がふんぞりかえっており、
そのまま年功序列と言いますか身分のまま下座になります。
そして、会議が始まると同時に滔々と流れるような定型詩で進み
表面的な話し合いでしかありません。そして、話し合いが行き詰まると
一番上座のエライ人が「いや、神様はこう言っているだ。だって、おふでさきの○○号には
そう書いてある。一話編にも同様の指摘がある。そうだ、今こそ皆でこころを合わせて
やるしかないんだよ!」と終了しました。
僕は始終愕然としました。なぜなら、会議という究極の実務的な場面で
形而上的不可侵の絶対なる神の存在を出しては何も言えないからです。。
実務的な話し合いと絶対不可侵の神では内容も水準も天地違います。
つまり、会議なんてのは名目であって、何も決定する気がないのです。

そういう人達はたとえ反対意見があろうとも何も耳を貸しません。
「まぁまぁ若い奴の言うことなんだから、君も大きくなれば分かるよ」とね。
結局私が一番立腹しているのは会議と称して人を集めているくせに、
何も言わせない空気を作っていることなのです。
しまいには「ざっくばらんに話ていいよ。」と不可解な言葉を吐かれます。
彼らはきっと会議によってコンセンサスを求めているのではなく
会議がしたいのだと思います。なぜなら、彼らの存在意義はその程度の
場面でしか証明できないのでしょう。

終了後、友人にこのことを話すと彼らも麻痺しているようで、
「参加することに意義があるから・・・」と奇々怪々なこと言う始末です。
もしこの教会が企業で、私がコーチングで判定するとしたら
不透明でフットワークの悪い会社は半年以内に潰れますよと報告します。
(半年でもだいぶ優しい。むしろ、こんなに問題意識の少ない企業(教会)は
コーチングなんて頼まないでしょうがね)

とりあえず、会議に出席したことで教会内の成員の無力感、対処不可能性の高さを
実感しました。
まずは会議の場面で上下関係なく席の位置から変えることが大切だが、
上座に座っている人は決して譲らないでしょうね。サミシイから。

それでも「参加することに意義があると思う」なんて重症だよね。
オリンピックとわけが違うよね。

会議について」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    毎月の会長会議、支部例会、教区会議などなど。
    配布物をなぞって。
    少し熱の入った意見は、うまく流して。
    どこでも、同じ無気力感なのですね。
    仕事をしている会長さんなどは、
    「仕事に行った方が、意義がある」と。
    嫌々、奥さんや身内が出席することも。
    雑談の時間の方が、盛り上がり熱も入ったり。

    天理教の教会、教会長、教人。
    全国に何千ヵ所、何千人、何万人と
    おられると思います。
    教会と言えど、末端の教会にしても。
    信者さんの多い所、
    信者さんがほとんどいない所。
    上級よりも、発言力のある教会や。
    親族一族の割合の多い部内もあったり。

    自分自身が選んで、望んで。
    天理教、天理教教会長をしているのは。
    どのぐらいの方々がいるのでしょうか。
    教会の後継の内容も様々ですが。
    たまたま、何代前の先祖が。
    天理教に熱を入れてしまったあげく。
    土地や不動産を天理教に上納してしまい。
    ある意味、土地や不動産を人質のような。

    どこか諦め半分以上の!?悟りで。
    いつ終わるか見えない後始末に。
    教会長、役員を継いでいるのが、
    根底にはあるような。

    そして、天理教に刃を向ける事案には。
    会議では触れず、後々。
    個別に呼び出され。
    上級、部内の保身の脅しがあるだけです。

    会長さん方々も、
    世間との隔たりは感じているので。
    集まることによって。
    少し誤魔化せる気持ちはあるのかもしれません。

    天理教内の会議に。
    有意義な意見の交換は、ほぼありません。
    本当に、有意義な会議をしていたのであれば。
    今の天理教の現状は、もっと違ったものになっているばずです。

    組織、個々の温度差は。
    宗教、世間、社会に限らず。
    必ずあることですが。
    天理教という看板を掲げてるからには。
    もう少し、
    会議の意味合いを考えて欲しいものです。
    小学校の、ホームルームの方が。
    まだ、
    会議と呼べるに値するのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。