不満の溜め方

現在の天理教に対して危機感や不満を持っている方が非常に多いと感じる。私がこうした敵対的ブログをしているから、そうした意見しか集まらないというのも当然である。以前私に話しをしてくれたある方は「現状の問題点を言うと、それは教義に対する不足となり、神への冒涜と変換される。より良くしようと声をあげることさえできないようでは、天理教はよくならない」と言われていたのが印象的である。つまり現状を良くしようと問題点を列挙すれば、瞬時に発言者の信仰度合いに対して疑惑の目が向けられる。「お前はまだ分かっていない」と。これと同様の理論展開は非常に多い。むしろ、これ以外にはないのではないかと思うくらいよく聞かれる。続きはまた今度

不満の溜め方」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    1. 無題
    このブログは、天理教に批判的なブログだたんですね、そうはみえませんでした。失礼しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。