理の親について 付け足し


昨年末に「理の親」について論じた。私は理の親の教義的解釈については分からない。多くの天理教人が「理の親という概念は教義に存在しない」と教えてくれた。「世界いちれつみなキョウダイ」(親は神のみで、人間は全員子供)という教えと、「理の親」は確かに正面衝突する。私は、教義的解釈よりも目の前の天理教人の振る舞いという現象を見る。その視点で判断するなら「理の親」は明らかに存在する。「理の親」を権力として利用するものや、「理の親」で人生を振り回され苦しんでいるものなど、このブログのおかでたくさん知ることができた。しかし、なぜ「理の親」というものが生まれ、現代まで生き残っているのか、それについては外部にいる私には分からない。
教義的解釈や歴史的意義については
「天理教みさとブログ」
http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/
が詳しく、私も勉強させてもらっている。この方については天理教信仰者であり天理教研究者だと認識している(間違っていたらすみません)。私の乱雑な天理教論にも的確にアドバイスをしていただいている。宗教という微妙で繊細な課題に対して発言するというのは、非常に勇気のあることだと思う。ほんとに。どれが正しいかということではなく、こういったエネルギーを持つ方を大切にしたい。
みさとさんが「理の親」について教義的に解釈、解説を書いておられるので参考にしていただきたい。天理教研究者ではない私には不勉強のあまり理解できない点も多いが、学ぶことは多いと思う。

理の親について 付け足し」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    1. こちらこそよろしくお願いします
    私のブログを紹介して頂き、ネットに関心のうすい天理教内で絶好のPRになる、と有難く思っています。私のほうも先に12/16付で貴サイトをリンクしましたことをご了承ください。
    お互い立場は違っても、真実を求めて執筆、ではなくてキーボードを叩き続けましょう。今後ともよろしくお願いします。

  2. 匿名

    2. 無題
    「裡の親」という幻想のために、どれだけ多くの天理教人がのびのびとした信仰心をそがれ、また天理教自体をも江戸時代さながらの封建宗教に閉じ込めてしまっているか、悲しむべきものがあります。
    天理教社会学研究所と天理教みさと研究室は、天理教の二大良心サイトです。今後も、教内に向けていっそうの啓蒙的発信を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。