要するにお金ってこと1


これから話すことは伝聞情報も多分に含まれている。読者はタブロイド紙を読むように「そんなわけねーだろ」という感じで読んでもらいたい。ほんとかどうかは私はまだ物的証拠を確保できていないがすべて私が天理教人から聞いた情報である。

これまで天理教の構造を論じてきた。毎回テーマを設定して、そのテーマに沿った視点から論じた。天理教人の話を組み合わせると、だいたいの構造的な流れが掴めてきたように思う。ただ、伝聞や噂の部分も多いと思うので「間違い」を想定して読者は気を付けて読んでほしい。

天理教では急激に信者が減少している。その要因について「時代錯誤の布教戦略」や「天理教しか知らず、世間の常識を知らない幹部たち」という文脈は方々でみられる。私も同様の指摘をしたことはある。しかし全体像を考えると、幹部もまた「現状を打破できない」という構造があるのではないか。

私がイメージしている全体像はこうだ。天理教を実質支えているのは、全国各地の教会である。各地の教会で少しずつ信者よりお金を吸い上げ、26日に中央の天理教本部に集められる。各地の教会では毎月の月次祭のときに、主に信者から「お供え」という形でお金を集める。下っ端の教会で集められたお金は、上級教会の月次祭に「お供え」として上納される。上級教会は、さらに上級教会(大教会)の月次祭にて「お供え」する。そのため下っ端の教会の月次祭は、上級教会よりも日程的に前に置かれる。毎月26日が教会本部の月次祭だから、それより前に大教会の月次祭(18日~23日が多い)があり、更にそれより前に下っ端の教会の月次祭が開催される。

上納金を要求される下っ端の教会は、ほとんどお金がない。生活ができないために、昼間は天理教の仕事(ほとんどお金にならない)をして、夜にアルバイトをしている天理教人も多い。しかし天理教の仕事で得られた僅かな浄財も、アルバイトをして得た収入も上納金として搾取される。教会のご婦人で、上納金の催促でうつ病を罹患した女性を私は知っている。かといって、上級教会が悪いということではない。上級教会もまた、さらに上級教会に上納金を催促されているのだから。ここで重要なことは、すべて「お供え」と形容されつつも、お金の動きですべて丸く収まっている点である。要は金なのだ。

さて、これまで主に下っ端の教会の実情を私の知っている狭い範囲で述べてきた。下っ端の天理教人は金がなく国民年金も払えず社会保障もない。私が親しくさせてもらっている天理教人もお金を持っていない。食事に行くときは、必ず私が奢らなくてはいけない。奢ることは構わないけど。服装も華美ではない。本当に金がないのだと思う。

しかし一方で、天理教人の子どもたちは、私立高校の天理高校に通い、私立大学に通っている。天理時報を見ても、幹部たちの学歴紹介で私立大学や都心の大学に通っていた者も多い。当然、私は「あれ?天理教人ってお金がないのに大学に行く金はあるんだ。」と思わざるを得ない。この矛盾こそ天理教の構造的衰退の欠陥(信仰心への意欲低下と権力の私物化)があるのだと思う。

続きは次回。

要するにお金ってこと1」への7件のフィードバック

  1. 匿名

    1. 二重構造
    1sinjyaや末端教会は、何か行事や集まりがあると、お金が出て行きます。

    上級や大教会になると、なにか行事や集まりがあると、お金が入ります。

    どこに行っても、お礼を出す立場の人と、どこに行っても、お礼が入る立場の人がいます。

  2. 匿名

    2. 本部人事?
    もし地場やしきが、よろづたすけの本拠地として実現していないなら、魂への暴力団と言われても...。

  3. 匿名

    3. 無題
    天理教やってて、餓死する人は過去にもいないと思います。ある程度の生活が出来るだけのお金はしっかりと確保した上で上級教会にお供えしているのが現状だと思います。
    ただ決して贅沢は出来ません。世間の手前、信者さんの手前、世間以上の贅沢は出来ないと思います。
    子供たちを大学へ行かせたりすることも可能かと思いますし、「財団法人一れつ会」の扶育ならば、教会子弟はまず貰えると思います。

  4. 匿名

    私の母方の家が天理教の教会です。道一条のことを外に働きに出ず、協会のことに専念することだと固く信じています。信者さんもほとんどいなく、誰も働いていないのでお金もありません。だから何かあるたび私の母が祖父母、叔母叔父家族のお金を出しています。
    私の母は教師なのですが忙しく、私が小学生の小さい時でも帰ってこれないことがありました。寂しかったです。そして母が死に物狂いで働いているのが可愛そうでした。そんな時父が暴力を私たち子供に振るうようになりました。そんなこともあり私は摂食障害になりました。兄弟も過呼吸などがあります。母は不在で父の暴力。いつのまにか私の心は壊れてしまいました。
    でも自分の家庭に加えて祖父母のお金を考えたら母も仕事はやめられないのに、祖父たちは責めたり、それ以外では私の摂食障害を治すにはという常套句でお供えだったりいろいろ請求してきます。母は親思いです。
    でも祖父たちは周りがいろいろやってくれることが当たり前になっています。神様がちょうどよくしてくださると行っていますが母や周りの人が困らないようにいつも助けています。
    本当に親様は道一条をそのような意味で説いたのでしょうか。働いていても心が天理教に向かっていればいいように思います。
    祖父母の教会は叔父や叔母も含め四人大人がいていつも暇に見えます。そして自分の孫や身内の話をした信者さんの相談をペラペラと他人に話します。だから信者さんが来ないのです。私も悲しい思いをしたことがあります。
    天理教が悪いかどうかは知りませんが腑に落ちないです。
    このサイトを見つけて少し気がラクになりました。長文申し訳ありません。

  5. 匿名

    世の中、お金で解決できることがほとんどです。
    けれど天理教の人は綺麗ごとを言います。
    おつくし、お供え・・・・。
    お母様も一生懸命につくされているのでしょう。
    しかし、お母様とて生身の人間ですから、たとえ外見は元気そうに見えたとしても、疲労は蓄積され体の節々に痛みとして表れてはいないでしょうか?
    社会で働くという事は人生の大部分をストレスの多い環境にいることになります。
    信仰をもっていても、職場、父兄、生徒と、多種多様の人を相手にしなくてはならないので、お母様は今日まで大変な努力を続けてこられた立派な方だと思います。
    何よりも貴女様がお母様に寄せる愛情は文面からもくみ取れ、拝見する中で、唯一、ホッといたしました。

    教会の祖父母・叔父・叔母様がたは世間での勤務経験がない方ですから、人に使われる厳しさをご存じないのも当然ですね。
    私見ですが、世間で働いた経験がない教会長さんは、いくら親神様が付いていても、人間としての経験値が低く、お飾りのようなものだと思います。
    正月の鏡餅の上にちょこんと載っている小さなミカン、あれですよ。
    馬鹿にする訳ではなく、そんなようなものと思っていれば腹も立ちません。

    そしてですね、人はいつか亡くなるのです。
    最近は100歳近い人も増えていますから、すぐにとはいかないでしょうが、皆さんいつか亡くなります。
    そして、ここがポイントですが、亡くなる前には「弱ってくる」のです!
    知力・気力・体力全てが弱ってきますから、今がマックス、いずれだんだん弱りくる!

    お母様は定年前のご年齢でしょうから、力関係は逆転します。
    親思いの心のお母さまでも、今までのような頑張りが効かない年齢になりつつあるのですから、「もう、無理!」と心に決める日も遠くは無いと思います。

    お母様に日ごろから、「無理しないでね」と優しい言葉をかけて頂けないでしょうか?
    貴女とお母様が残るはずですから、二人がしっかり心を通わせておくことが大事だと思います。

    人の家庭の相談事がいつの間にか教会中に知れ渡る。。。天理教あるあるです。
    天理教だけではない社会全般、どこもそうですが、少なくとも相談事は守秘義務ありという了解事項にする時期が来ています。
    天理教の本部でのいわばコンプライアンスに関わる担当部署が有るのかないのか知りませんが、組織の中に大学まで出ている人がいないわけではないのですから常識的な運営は宗教法人として社会に対する責任でもあると理解できるはず。
    残念ながらそういった話は聞いたことは無い現状です。
    お母様も忙しいとは思いますが、貴女から気持ちをお話になってはどうでしょうか?
    話す時間を作ってと、前もってお母様に予約しておけば、お母様も受け入れてくださると思います。

    最後に、ちょっと感想を。
    お母様が学校の先生をされているという事は、教会の供えから進学できたのでしょうか。
    あるいは奨学金を借りてなのか、いずれにしてもお母様が進学できたことに、何か、鍵があるかもしれない気がします。
    お母様が頑張る源に、進学できたことが関連するかもしれませんね。
    お母様のこれまでの人生をぜひ、知りたいと話を聞かれることをお勧めしたいですね。
    一人で悩まず、お母様と話すことで理性的な理解ができることも有るかもしれませんよ。
    私自身も母が亡くなる前は葛藤しながらも支えてきました。亡くなっても淋しいと感じるよりも開放感の方が強いだろうと予想していました。
    けれど、しっかり予想は裏切られました。
    一番の美点「大声で笑う」ことが何よりも父にとっての癒しになっていたことに気が付いたのです。
    ここまで書いて、涙があふれてきました。

    貴女様とお母様の幸せを祈ります。

  6. 匿名

    昨日コメントしたものです。私は今高校生です。大学進学を考えていますが、摂食障害の症状でやろうと思っても勉強も他のこともなかなかできない状況であります。そのため母にはたくさん精神面経済面で苦労をかけてしまいます。母は短大に行ったのですがやはりいろいろあったようです。祖父母は私の母に向かって大学受験直前に大学に出せるお金がないといい母はバイトを掛け持ちしたり自分で一生懸命働きながら大学に行きました。私は親に出してもらっているので想像ができないほど大変だったと思います。寝る暇もなかったことでしょう。ですが祖父母は自分たちは出しもせず母になにかとお金を頼みます。しかもやらないとだからダメなんだと傷つけることを言っていました。
    そして母が小さい頃は眼鏡を買うだけでお前は金がかかるなぁと行ったそうです。今は天理に26日行くときの交通費なども当たり前にお供えと言ってもらいます。
    私が口を出すことではありませんがおかしいと思ってしまいます。
    私が摂食障害になり五年も治らず続いていることもそういう風に天理教を悪く行っているからだと言われます。
    母は忙しくて私たちの参観日や入学式、卒業式も来れないことがあり今思うと寂しく辛かったです。多分母もそうだと思います。ですが祖父母の教会は信者がいなくて月次祭に来いと言われると無理をして行きます。心が狭いですが、祖父母と天理教に母を取られてしまったような気がしてしまったことがあります。
    母は45歳ですが早死にしてしまうんではないか心配です。
    祖父母は見栄っ張りなので上の教会にたくさんお金を持って行きたいらしく、お供えが信者さんがいなくてないのに母にお供えを請求し苦しいと伝えると考えかたがおかしいといいます。
    自分で働かないからどれだけお金を稼ぐことがみんな一生懸命やっているかわからないのだと思います。教会にいて自分たちは孫叔父や叔母も娘たちと一緒に過ごせて休める環境にいるのに自分たちが一番大変で偉そいんです。母は私が病気になったこと小さい頃から一緒にいてあげられなかったからだといつも言っています。それを見ても働いているからお金あるでしょ、お供えをするのも親にお金を渡すのも当たり前と思っている風に見えます。みんな一生懸命生きていて自分の家庭を時には犠牲にして働いている人も多いです。
    自分の体調が悪いため余計に敏感に気になります。
    また長文申し訳ありません。返信もありがとうございました。

  7. 古い元教会長

    天理教組織の一つの実態ですね。
    私は摂食障害の事は詳しく分かりませんが、早く回復して、お元気になられる事を願います。

    教会の祖父母さんも、お母さんも、天理教の被害者です。子供の時から洗脳されていますので、それを解くのは専門家でも難しいでしょう。

    あなたが、この実態に疑問を感じておられるのは、全く正常な感覚です。いくら、お母さんに言っても無理だと思いますので、くよくよせず、この現状を受け入れて、一日も早く病気を治して進学して社会で活躍して下さい。

    あなたが、自立された時には、きっぱりと天理教から縁を切って下さい。
    まだまだこれからの人生は楽しみがい沢山ありますので、これを良い経験として前向きに歩いて行って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。