天理教のハッピを着た人間が従軍慰安の国連人権委員会で、日本への謝罪を求める発言をしたという件について

天理教は新興宗教団体として、一定の市民権を得ている。それらの大きな要因に、天理教は政治的な発言を多くしないという側面がある。某学界などは政治的発言というよりも、たびたび政教分離の俎上に挙げられるほど政治団体と一体化している。そこには団体として強力な求心力もあるだろうが、一方で宗教団体が政治活動をおこなうキナ臭い嫌悪感を感じる人は多い。その点において、天理教は比較的ゆるく、開放的で自由な雰囲気がある。天理教も過去には特定の政治家を応援したりしたこともあったようだが、近年では特定の政治家や政党にコミットすることはない。 私も、そのような天理教の姿勢には好感を持っている。個人がどのような政治的思想・信条を持っていようと、自由が担保されている。また過去のブログにも書いたが、世論を二分するような議題には天理教が関わることは賢明ではない。それは政治的目的を持った政治団体だけでよい。天理教の金科玉条は「陽気ぐらし」であり、政治的達成ではないからである。 そんな中、議論が沸騰している従軍慰安婦問題について天理教という名前を最近たびたび耳に目にすることがある。そのソースが以下のリンクである。ここから各ブログなどで拡散されているようである。

https://www.facebook.com/shun.
ferguson.3/posts/668771989875017

上記の写真を見ると、天理教のハッピ(公式ユニフォーム)を着た天理大学の教員が、国連の人権委員会で日本に謝罪を求める発言をした、という記事である。 下記の産経新聞でも、この人権委員会の特集記事を記載している。上記の天理教のハッピを着た人間の写真は、産経新聞ではこの問題に長らく取り組んでいる戸塚弁護士だけにトリミングされている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/140727/plc14072713000007-n1.htm

私は、これらの写真と記事がどの程度事実を正確に反映しているのか分からない。研究者として人権委員会を見学しただけなのか、天理教代表として何らかの意見表明をしたのか、天理大学の代表なのか、そして本当に日本に謝罪を求める発言をしたのか。ただ、写真からは天理教のハッピを着て、対日謝罪を求める人たちと同じ方向に着席(戸塚弁護士の隣)していることは事実のようである。本人にはこれが報道写真に撮られることも考えてのことであろう。このことからこの人物は天理教を代表して日本に謝罪を求める立場であると思われる。(天理大学の教員という立場で、天理教のハッピを着て、対日席に座っている以上、個人の意見とすることは非常に無理がある)

そこで私はハタと止まってしまった。天理教が、特定の政治的課題に対して明確な意見を表明するなど珍しいな、と。どういった教義が従軍慰安婦と関連しているのだろうか。「陽気ぐらし」という目的が、従軍慰安婦の賛否にどのように関わるのかイマイチ理解できない。一信仰者による個人的関係性の中で、従軍慰安婦における対日という思想は勝手にすればよいが、天理教総体として従軍慰安婦にコミットする動機(教義)は私にはピンとこない。つまるところ、従軍慰安婦などの特定の思想に肩入れするメリット(計算)が理解できない。弱者の救済という点では、「陽気ぐらし」の下位概念である「ひとだすけ」に関わることは理解できるが、従軍慰安婦に関しては政治的リスクが大きすぎる。 天理教の思想がどのように従軍慰安婦と関連するのかをネットで調べていると、下記の論文を天理大学からリンクできた。今回写真に写っていた研究者の論文である。

http://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/
metadata/3239/GKH022907.pdf

一読してみると、「従軍慰安婦」は「ある」という前提から議論されており、私も微妙な反応しかできなかった。自分に都合のよい情報しか集めない確証バイアスが多いと感じ、なかなか「はい、そうですか」と論理的に言える論文ではない。 この論文を読む限り、国連人権委員会での天理教の主張というのは誤りで、研究者個人の主張である可能性が強いと感じる。彼は従軍慰安婦を研究テーマにした研究者であり、何か個人的に強い思い入れがあるのだろう。私は、本件を天理教の政策ではなく、研究者個人の活動だったとしか思えない。

もし、天理教の主張であるのなから、どのような天理教教義と、どのような政治的目的が関連しているのか教えてほしい。

もし、研究者個人の主張であれば、個人の思想はどうでもいいが、旅費の出所や信者への説明はどのようにしたのかだけ明らかにしてほしい。

ええい、面倒くさい研究者だ。

tenrikyosyakaigakulavo@hotmail.co.jp

天理教のハッピを着た人間が従軍慰安の国連人権委員会で、日本への謝罪を求める発言をしたという件について」への5件のフィードバック

  1. 通りすがり

    私は信仰者ですが,残念な記事を知りました.この人が天理教のハッピを着る必要はなかったはずです.教団の総意と誤解を受けることになる可能性がありながらなぜこのようなことをしたのか理解に苦しみます.

  2. 匿名

    >従軍慰安婦などの特定の思想に肩入れ
    >「従軍慰安婦」は「ある」という前提から議論されており、私も微妙な反応しかできなかった

    この表現はどう考えてもおかしいと思いますよ。日本軍性奴隷制は明確に当時の国際条約にも違反しており犯罪ですよ。その犯罪に対するきちんとした謝罪と補償を求めるのは普遍的な正義のはずであり、「特定の思想に肩入れ」などといわれるのはおかしいです。宗教の枠を越えて取り組むべき人権問題なのですから。

  3. 匿名

    従軍慰安婦問題は、日本から多額の、賠償という名の経済援助金を引き出したい、韓国政府によって政治利用され、いつ問題が解決するのか、見通しがつかない問題である。第一、熱心に研究、調査して来られた、漫画家の小林よしのり先生の、従軍慰安婦というものは無かったという意見が、最近はようやく、世間に認知されるようになっており、日本国民として、ほっとしている時期に、このハッピを来た先生は、日本国民を貶めており、不愉快きわまりない。
     個人的意見で国連人権委員会に出るのは、差支えなかろうが、ならばハッピは着るべきではなかった。なぜ、ハッピを着て、国連に登場という愚を行ったのか、この先生の頭の中身の薄さ、常識の無さを表している。
     天理教の宣伝にでもなると思ったのか、もしかすると、その戸塚弁護士に政治利用されたのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。