天理教的世襲制について

天理教の世代交代は基本的に世襲的である。
世襲的と言い切ってしまうのは語弊があるので形態としてである。
教義上では『理』というものが次代の人間を決定する。
しかし、当然のごとく理は目に見えない。
なので、求められるポストに就いた後でしかその人に理があったとは言えない。

教会に生まれた長男は理を持つと考えられ、長男が後継者とされる場合が多い。
なぜ長男なのかは教義解釈よりも文化的慣習による部分が大きいと思う。
なので、今までの長男達は違和感なく理の使命を生まれた瞬間から受け入れたのだと思う。
また周囲の人間も日本文化と相俟って世襲的に違和感を感じなかったのだと思う。

しかし、現代において問題が生じている。
世襲を拒否する若者が大量発生する予兆があるのだ。
つまり、理を持つとされる子どもが「俺きょーみねーよ」と言って一般企業に就職する
人間が出てきた。そして後継者を一般公募しなくてはならない事態が生じている。
以前もそういったケースの教会はチラホラあった。そういった教会は事情教会(問題教会)
として秘密裏(あえて表に出す必要もない)に処理されていた。

当ケースにおける以前の事情教会は信者も少ない機能不全な教会に目立った。
しかし、現代では信者を多く抱える教会やサラブレッドの子どもたちにまでそういった現象が波及していっている。
人々は「理の継承は世襲という形態で伝授されているのではなく、継いだ人間に理は存在する」という逆転した時系列の考えを持ち始めているように私は思う。しかし、それを声に出して言うことは憚られ、発言者にも火の粉が飛んでくる恐れがあるので無意識に抑圧しているように感じられる。
つまり、理があるから継ぐのではなく、継いだ人に理があるという微妙だが大きい異変を感じ取っているのだ。
大きい異変というのは以前の理の使用では理は神からの天啓であると考えられていたが
、もしかしたら人間が作り出しているのではないかという畏れを喚起していることにある。
つまり、後継者は世襲に限定されず「誰でも会長になりえる。」という状況を作り出しているのだ。
しかし、長男に理があるのではなく継いだ人間に理があるということこそ、私たちが一番納得できる着地点のように思う。(教義上の理の概念では現実的に説明できない)

しかし今後、もし教会長の不祥事が多発し職を剥奪されるような事態が多発したら、
継いだ人間に理は継承されるという概念もまた検証し直さなくてはならないだろう。
ないと思うけど。
その場合の着地点は「理は人間には解釈できない。神のみぞ知る」となるしかない。

期を同じくして、ただ今おぢばでは「後継者講習会」というものが開催されている。
後継者講習会というのは後継者を育成するためのものだと思うが、
それに参加している人は大して問題ないだろう。
重要なのは後継意欲の持たない人間と後継を育てられない現センセイたちであろう。
育てる力のないものを会長としていることに本質的な問題を孕んでいると感じるのは私だけであろうか。後継者講習会は会長を対象にすべきなのではないだろうか?
育てようと思わなくても立派な人間に人々はついていく。

はい?  教会長資格検定講習会があるですって?  あれは会長の業務遂行能力検定であって人格的素養を高めるものではないのですよ。医者という資格を持ってるからといって決して人間として尊敬に値するというものではありません。

天理教的世襲制について」への6件のフィードバック

  1. 風鈴はぐれ雲

    『勘違い』

    教会の長男に産まれたから、理がある。
    それは、天理教阻止かによる、こじつけだ。
    世襲こそ、衰退のひとつの原因だ、

    ほんとは、因縁も理もないんです。
    あるのは、運とタイミング。

    因縁も理も、子供の頃に聞かされると、ショックをうけます。
    なぜ自分なんだと。

    天理教のな大人たちは。
    いたずらに、子供に天理教を押し付けようとします、

    教会など、継ぎたい人など少ないだろう。
    跡取り問題さえ、起きても当たり前。

    天理教が素晴らしいと思うなら、
    子を巻き添えにせず、
    社会に出して上げてください、

    大人の物差しで、子供を納めようとしてはいけない、

    そうやって、熱量のない教会ができて、
    信者がへって、
    家族が崩壊していくんだよ。

    理とはなにか?
    納得出来る説明できる、天理教人がどれだけいるのかな。

    親子ならば、宗教関係なき家族を作ることが必要なんだよね。

    因縁も理も、なくても人は生きていける。
    因縁が理が、足を引っ張っていく。

    大人たちの仕事場。
    子供たちに、自分の言葉で話し合えることだと思います。

  2. 古い元教会長

    AU氏のFBの投稿より

    FBの大きなお世話で「友達かも?」ってメッセージが入る。その中には結構お偉いさんがいる。先程も明らかに御本部の偉〜い方々のご子息だろうか、彼らのプロフィールを覗き見し吃驚した。米国の高校、大学を卒業?されている。

    30年以上前に私の友人が大学卒業後、米国の大学に留学した。その1年間にかかる費用は約600万円だったと記憶している。

    日本人が高校、大学を米国で就学すると4000万円以上の費用がかかるらしい。彼らの留学費用は本教本部が捻出している。その甲斐で彼らは、英語がペラペラになり、本教海外部の要職に就かれている。

    一方、教内のようぼく、信者の中には、高校から米国に行かずとも、自らの努力で英語がペラペラで世界で活躍されている方々が数多いる。
    これも徳の違いか?

    他意はないが、久しぶりの「なんだかなぁ〜」だ。
    K氏、N氏〜多額の留学費用に見合った働きをしてますか?

  3. 真義徳

    海外部の要職に就いているならまだいい方で、海外部以外の部署に長くい過ぎて英語がほとんど話せなくなった先生もいます。前内統領の山澤氏はハワイ大学出身ですが英語の発音を海外の信者にバカにされて別席を英語で取り次ぐのをやめたとか。何のために留学させたか分かりませんね。

  4. mami

    天理時報3/3発行3面に天理教社大教会長に小〇靖〇氏(37歳)と載っていますが確かこの大教会は兵神系統で代々、「市枝」〇〇氏と世襲で来たと思うのですが新任のこの方は尾〇分教会長されていた方のようです。珍しいケースです。
    世襲をやめて改革されたのか、何か特別の理由があるのでしょうか?

  5. 退職信者

    mamiさんへ
    2019年3月3日 9:48 AM

    >天理時報3/3発行3面に天理教社大教会長に小〇靖〇氏(37歳)と載っていますが確かこの大教会は兵神系統で代々、「市枝」〇〇氏と世襲で来たと思うのですが新任のこの方は尾〇分教会長されていた方のようです。珍しいケースです。
    世襲をやめて改革されたのか、何か特別の理由があるのでしょうか?

    私が聞いている話では、社大教会長さんは賭け事に係る不祥事を起こし罷免されたと聞いています。
    その賭け事とはどうやらパチンコ依存症らしいです。
    修養科生からも金を借りてパチンコするほど重症だったと聞いています。

    パチンコしている時だけが本部からの重圧に解放される時間だったのでしょうか・・・

  6. mami

    退職信者さん
    ありがとうございました。
    やはり、特別の理由があったのですね。
    信仰に世襲は無理という当たり前のことをわからせてくれます。

    最近、遅ればせながら「カルトの子ー心を盗まれた家族」米本和弘著を読みました。昨今の虐待事件でも思ったのですが「親権」って何なんだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。