天理教的世襲制について

天理教の世代交代は基本的に世襲的である。
世襲的と言い切ってしまうのは語弊があるので形態としてである。
教義上では『理』というものが次代の人間を決定する。
しかし、当然のごとく理は目に見えない。
なので、求められるポストに就いた後でしかその人に理があったとは言えない。

教会に生まれた長男は理を持つと考えられ、長男が後継者とされる場合が多い。
なぜ長男なのかは教義解釈よりも文化的慣習による部分が大きいと思う。
なので、今までの長男達は違和感なく理の使命を生まれた瞬間から受け入れたのだと思う。
また周囲の人間も日本文化と相俟って世襲的に違和感を感じなかったのだと思う。

しかし、現代において問題が生じている。
世襲を拒否する若者が大量発生する予兆があるのだ。
つまり、理を持つとされる子どもが「俺きょーみねーよ」と言って一般企業に就職する
人間が出てきた。そして後継者を一般公募しなくてはならない事態が生じている。
以前もそういったケースの教会はチラホラあった。そういった教会は事情教会(問題教会)
として秘密裏(あえて表に出す必要もない)に処理されていた。

当ケースにおける以前の事情教会は信者も少ない機能不全な教会に目立った。
しかし、現代では信者を多く抱える教会やサラブレッドの子どもたちにまでそういった現象が波及していっている。
人々は「理の継承は世襲という形態で伝授されているのではなく、継いだ人間に理は存在する」という逆転した時系列の考えを持ち始めているように私は思う。しかし、それを声に出して言うことは憚られ、発言者にも火の粉が飛んでくる恐れがあるので無意識に抑圧しているように感じられる。
つまり、理があるから継ぐのではなく、継いだ人に理があるという微妙だが大きい異変を感じ取っているのだ。
大きい異変というのは以前の理の使用では理は神からの天啓であると考えられていたが
、もしかしたら人間が作り出しているのではないかという畏れを喚起していることにある。
つまり、後継者は世襲に限定されず「誰でも会長になりえる。」という状況を作り出しているのだ。
しかし、長男に理があるのではなく継いだ人間に理があるということこそ、私たちが一番納得できる着地点のように思う。(教義上の理の概念では現実的に説明できない)

しかし今後、もし教会長の不祥事が多発し職を剥奪されるような事態が多発したら、
継いだ人間に理は継承されるという概念もまた検証し直さなくてはならないだろう。
ないと思うけど。
その場合の着地点は「理は人間には解釈できない。神のみぞ知る」となるしかない。

期を同じくして、ただ今おぢばでは「後継者講習会」というものが開催されている。
後継者講習会というのは後継者を育成するためのものだと思うが、
それに参加している人は大して問題ないだろう。
重要なのは後継意欲の持たない人間と後継を育てられない現センセイたちであろう。
育てる力のないものを会長としていることに本質的な問題を孕んでいると感じるのは私だけであろうか。後継者講習会は会長を対象にすべきなのではないだろうか?
育てようと思わなくても立派な人間に人々はついていく。

はい?  教会長資格検定講習会があるですって?  あれは会長の業務遂行能力検定であって人格的素養を高めるものではないのですよ。医者という資格を持ってるからといって決して人間として尊敬に値するというものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。