徳分について

頑張っている人間に対して「あなたは(成功するだけの)徳がない」と断言する人がいる。

こういった発言をするカイチョウさんがいると聞かされたことがある。
「こういった発言はどのようなものか?」と私にお伺いされたので、「そのカイチョウさんは神様だよ」と皮肉交じりに解答してあげたのだが、神様となりえた理由を説明したい。

そもそも徳とは何なのだろうか。
教義解釈としては「徳を積む」という言葉を聞くように、量的な規範として存在するものだと考えられる(たぶん)。そういった視点では日本では日常言語として常用され、日本文化に馴染んでいる儒教の五徳としての意味が近いように思う。

しかし、昨今の上記事例のような使用が目立つことから徳という意味の実質的運用は個人の資質として使用されている。個人の能力や才能として使用されることが目立つ。

前者の使用では啓発として他者に教授することは教えである。
しかし、後者の使用では他者を価値付けてしまう恐れがある。
つまり、後者では啓発からレッテル貼りになる可能性を孕んでいる。

その中で宗教というドグマチックな性質を持つ集団では中味を強者の思い通りに
容易にすり替えてしまうことができる。

事例を詳しく説明すると、「徳がない」と言われた人間は教会の子弟である。
その子弟は後継者ではないが自分の夢である資格をとるために勉強をしているのだ。
(もちろん、反天理教ではない。むしろかなり熱心。目指す資格も立派なものである)
しかし、子弟の道一条を願う親(カイチョウ)に言われたのである。
道一条というのは仕事しなくてプラプラ教会でネットばかりしているカイチョウでも
道一条と言えるのだが、そこに宗教的高位な価値を置く理由が私には見えない。

「徳がない」と否定する意見だけがレッテル貼りになるのではない。
逆に「徳がある」と言う人間も同様である。
(これは私も実際にどこぞのセンセイが発言したのを聞いたことがある)

徳が「ある」や「ない」と言える人には、徳が見えることになってしまう。
徳が見えるなら是非説明して頂きたいものだ。どんなものだろう?

ちなみに、徳の存在を説明できる人は徳を資質や能力と思っているのだろう。
なぜなら、徳分は規範でしかないので査定しようがない。

だから、徳分を査定できる人はきっと人間には認識できないスーパーパワーを
持っているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。