天理教の財政的変遷 -天理教本部に集まるお供え金は2013年は126億円だが、10年ごとに約50億円ずつ減少している-

ようやく天理教のお金に関する資料がまとまってきた。時間を見つけてコツコツと資料をまとめてきた成果がようやく結果として出てきた。ご協力いただいた方には感謝申し上げたい。
データはすべて毎月発行される教団誌の「1960年以降のみちのとも5月号」から引用した。毎年5月号には、2月26日に実施される本部員会議というもので決議されたデータが掲載されている。この本部員会議というものがどういったものかはわからないが、国会の予算委員会に近いと思う。そして、その会議では前年の予算に関する補正予算も同時に決議される(これが、今回私を悩ませた点の一つである)。これらの元データは、主要図書館や大学の図書館などで閲覧が可能である。

まずは「歳入歳出総計」を説明する。最初に、今回掲げる総計に関しては補正予算決議後のデータを前年の予算決議と突き合わせた結果を採用した。
1985年が突出して高い。金額にして約540億円である。540億円ときいて、天理教の規模の大きさに驚いた。500億円というのは、市レベルの予算である(滋賀県草津市平成27年度予算が約500億円)。そう考えると、このときの天理教は540億円ものお金を一体何に使っていたのだろうか。

ちなみに直近の2013年の総計は145億円である。下のグラフを見ればわかるように、1985年の教祖100年祭前年以降は、ほぼ下降の一途をたどっている。年祭というのは主に1月に行われるため、年祭の前年に最高金額を記録すると思われる。そのため下記グラフでも10年ごとの年祭の前年だけ、一時的に上昇していることがわかる。多少の増減はあるものの、110年祭以降は120億円前後、120年祭以降は115億円前後で推移していることがわかる。歳入出総計

次に「お供え金収入」についてである。これは前掲した「収支総計」とほぼ同じ増減を示している。1985年の100年祭の前年には513億円ものお供え金が教会本部に集まっていることになる。2013年のお供え金は126億円である。126億円という金額に対して、これも凄い金額である。天理教が衰退していると言っているが、平均すると毎月10億円が天理教本部に集まってくることになる。ただ、数字の大きさに惑わされそうであるが2013年が126億円、2003年が174億円、1993年が221億円と考えると、10年ごとに約50億円ずつお供え金が減少していることもわかる。これも凄い減少スピードである。単純計算で、20年後の2033年後の天理教のお供え金は26億円かもしれないし、30年後の2043年にはお供え金はゼロになるかもしれない。
これからの天理教を担う若者は、これまで天理教を担ってきた恵まれた中高年世代とは比べものにならないくらいに大変だと思う。財政的に考えると今後天理教の施設は順次、統合・閉鎖もしくは消滅することは間違いないだろう。

御供金収入

次に「やしき整備費」である。これは天理教本部を四方に囲む「おやさとやかた」と言われる建物の建築費及びその維持費であると思われる。これも総計やお供え金と同じようなグラフだが、収入が多いため、やしき整備費も多いというのではなかった。私の推測では、必要に応じた予算配分だと思われる。収入が多い年なんかは「お金あるし、あれもリフォームしちゃえ」という感じだが、収入が減少傾向にある現在では「お金ないからリフォームしたくないけど、最低限あれは修理しないとマズイね」という感じのような気がする(あくまで想像だが)。ここ数年は「整備に回すようなお金はない」というような状況に思える。
やしき整備費

さて、今回最後にあげたのが、大卒初任給の金額である。これは経済状況の指標として用いた。当然のことながら今の100円の価値と50年前の100円の価値は異なるため、これまでの財政データを単純比較はできない。私が100年祭以降の数字を主に取り上げているのもそういった事情による。例えば1973年の大卒初任給は5万5千円である。1985年には11万8千円と約2倍である。これは個人がお供え金に回せるような可処分所得が2倍となっていると考えられる。これまで5千円をお供えしていた人が、1万円をお供えできるということである。そう考えると、1965年の教祖80年祭(前年)から、1985年の教祖100年祭(前年)までの急上昇は、そういった高度経済成長や所得倍増という点も考慮しなくてはいけない。国家公務員の大卒初任給で考えるのであれば、1994年以降は18万円前後でフラットとなっており、現在の貨幣価値と比較可能である。その点で、ここ30年くらい天理教の財政状況が悪化しているのは誰の目にも間違いはない。

大卒初任給

今回データをまとめているときに浮かんだ問題点と疑問点を列挙しておく。
1 天理教のお金を語るときに、天理教は「財政状況を公開している」と聞かれることがある。しかし天理教が公開している財務状況はざっくりした金額と用途であり、結局大枠の予算内で何に使われているのかはっきりしない。例えば、歳入の「出向費」「資料集成費」「内事総合諸費」、歳出の「予備費」というものが、一体どのような実態があるのかわからない。法人といえど、これが宗教法人の特殊性なのかもしれない。こんなことでは、天理教に限らずに宗教法人が何をやっているのか分からない。天理教でいえば真柱の生活の運営の費用や、教会本部で働く人たちへ支払われる人件費(名前は何でもよい)すら分からない。こんなことでは、社会の側から財政面で天理教に理解を得るのは無理である。それとも公開してはマズイようなことでもあるのか。

2 月刊誌「みちのとも」であきらかになっているデータは、天理教が「表に出していいデータ」であることは間違いない。現在でも毎月10億円を集めている天理教本部は、たとえば「◯◯大教会からのお供え金は今月は◯◯万円」という各大教会ごとのお供え金を記録した詳細なデータを持っていることは間違いないであろう。今回は天理教本部だけのデータであるが、全国にある各教会のデータがあり、それらは各教会どこも公表していないことは改めて明示しておく。公表してはいけないルールなんてないはずである。

3 こういった財政的逼迫や人員の減少を大多数の教会の会長や信者などはどう思っているのだろうか。つまり天理教本部は「天理時報の手配り」という悠長なことを言っているが、普通の教会長や信者の中でこうした天理教が消滅するような、生き残りをかけるような会話や対策がなされることがあるのだろうか。なぜなら、このブログにコメントしていただく方や、私にメールを送ってくださる方は、ある意味「意識が高い人(危機感を感じている人)」と考えることもできる。毎日数百人が、このブログを見てくれているが、私は天理教人や若者の大部分がこうのような切迫した状況をどのように感じているのか常に疑問を感じている。天理教本部や大教会は「阿保になれ」「素直になれ」「親の思いに寄り添え」といった相変わらず天理教の消滅を早めるだけにしか作用しない思考停止装置を発動している。しかし普通に足し算と引き算ができれば、いまの天理教が思ったより早く消滅に向かうことは明らかではないのだろうか。それとも本当に「どうにかなる」と信じているのだろうか。信じることが宗教の本質ではあるが・・・・このままでは天理教が無くなる日は必ずくるであろう。

いつものように、私と助手のK君が必死で入力したデータを下に掲げておくので、自由にダウンロードしてもらいたい。エクセルデータだが、所々と抜けている点はご容赦願いたい。ちなみに黄色で塗りつぶしてあるセルは、予算案と補正予算案の数値が合致した年で、オレンジのセルは合致しなかった年である。これは「みちのとも」のデータが間違っているのか、私の入力が間違っているのか分からない。それを確かめる労力はなかった。

次回は、天理教本部から各法人への「回付金」について検討したい。

今回、何人かの方にご協力いただいたことは感謝したい。データ入力も元データを見ながら手入力だったため誤りがあれば謝罪して訂正する。このブログに挙げたデータは、リンクフリーでコピーフリーであり自由に使ってもらって結構である。しかしそれに伴う責任は負いかねるのでご注意ください。
何かアドバイスやアイデアなどがありましたら、下記アドレスまで連絡をいただければ幸いです。
tenrikyosyakaigakulavo@hotmail.co.jp

天理教の財政的変遷 -天理教本部に集まるお供え金は2013年は126億円だが、10年ごとに約50億円ずつ減少している-」への21件のフィードバック

  1. 天理教布教師

    僕は天理教の信者ですけど、
    信者は、このサイトを見るべきだと思います。

  2. 震災被害者

    以前は信者でした。用木でもありますが、所属していた某直属教会長が「金銭欲」から私の資産を狙っている事を責任役員が密かに教えてくれました。
    当然、用心していました。ある日教会長は私に「連帯保証人になって欲しい」と言って来ました。
    断りました。理由が必要ですので、「今のビルのローンがまだ終わってなく、銀行から他人の連帯保証人や他人へ金銭を貸す事は控えて欲しい」との規制をされている。と辻褄の合う言訳をしました。

    翌日、教会長は私の襟元を掴み「来い。と大勢の教会関係者の元へ連れて行かされした」。
    私に教えてくれた責任役員はいませんでした。仲のよかった他の責任役員は沈黙していました。

    会長は、私に「今日限りで縁を切る」「つまり破門だ」「もう2度と来るな」と教会側から追い出され、
    ほっとしています。

  3. 匿名A

    何と欲深い宗教なのでしょうか。巨大建物群と数百万坪の土地を所有。これ以上に何を求めているのでしょうか。
    正に、「よくにきりないどろみず」とはうまく表現されていますね。
    庶民は少しでも安価なものをと、スーパーの折り込み広告を見比べているのに、数十億円という巨額をいとも簡単に集めて「ひとだすけ」ができるのですか?。
    「つまり破門だ」と言われる前に、さっさとこちらから「おさらば」ですね。

  4. 匿名

    >会長は、私に「今日限りで縁を切る」「つまり破門だ」「もう2度と来るな」と教会側から追い出され、ほっとしています。
     破門されて良かったですが、「破門」という言い方も、変な感じですjね。(笑) 
    曲がりなりにも、宗教の場所での出来事とはとうてい思えない、本当に呆れた会長ですね。
    破門という言い方もそぐわない言葉ですが、気持ち的には、こちらの方から破門してやった、と思われたらいいと思いますよ。

  5. 匿名

    大教会直属の教会長は上級に当たるが、欲に切りない泥水につかっていて、自分たち家族の生活費を公然と要求してくる。「かすみを食っては生きていけん。毎月大教会に〇〇万円上げるからあと〇〇万円足らん。もうちょっと頑張ってくれ」
    また何かにつけて下級教会や信者達がお礼を出すのは当たり前、とも思っている。自分は「理の親」だとはっきり言うし、私が敢えてお礼を渡さなかったら、「することをしないと、笑われるで」との有り難いお言葉。誰が笑うのだろうか?
    上層教会は下からの血のにじむようなお供え金で当たり前のように不自由ない生活をしている。自分の存在そのものを神に近い人間だと勘違いしてる弱いものいじめの加害者。こんな姿が神の目に適うはずがない。
    どうりで信者は数人に成り下がっている。下級教会から教会長達が集まって来ても、おつとめの手が足らない状況なのだから。ほとんど親族ばかり。かつて信者が多かった頃に建てた教会建物、賓客応接棟など、建物は素晴らしく巨大。中はがらがら。
    お供えはしません。修理は自分の甲斐性でしてください。ゆっくりと自滅してください。かすみを食って生きてください。

  6. 匿名A

    江戸幕府は大名の経済力を削ぐために、江戸の外堀の構築、河川の改修や寺院の再建などを次々と命じた。しかし、これらの事業は今日環境維持に役立っている面がある。
    一方、天理教団は、まだまだ使用に耐える大教会や直轄教会の建物を、「ぢば」に向かって拝が出来るようにと建て替えを命じて、結果的に末端教会や教信徒を疲弊させてしまった。どの方向を向いて拝をしても一向に構わんではないか。
    そもそも地球は丸いものだ。実際に拝をしている方向は宇宙ではないのか。結果的に何かいいことでもあったのだろうか。
    開いた口が塞がらないとはこのことだと、つくづく思う。

  7. 基本

    匿名Aさん
    中央大教会の会長は、地場の方向を向いた神殿を建てよという指示に、3代真柱に異議を申し立てた。
    そうしたら「心の向きが地場を向いているなら建物の向きは向いていなくともよいと」
    中央大教会長は、「心を地場に向ける」なんて出来ないと、・・・
    天理教団は、まだまだ使用に耐える大教会や直轄教会の建物を、「ぢば」に向かって拝が出来るようにと建て替えを命じて、箱物行政で信者から大金を集金して太った大教会もある、末端や信者の中の野心家は「一r粒万倍」に投資してだまし取られた。50歩100歩、神頼みで太ろうというよくボケの宗教が天理教団、大教会長ご一族ですね。
    神など拝もしていません。
    神は中山みき、百万のものよりも、一厘の誠の欲しい、百姓女の婆さんです。

  8. 匿名A

    2016年8月18日 3:04AM 基本様

    そういうことがあったんですか。中央大教会長さんは頑張られたのですね。亡き母は大教会の神殿建築のために少ない年金から驚くほどのお供えをしていました。本人が納得していたからいいようなものの、未信者の妻はいつもブツブツ言っていました。そして今は、その神殿も人影が少なく寂しい状態だそうです。私にも参拝に来るように要請が来るのですが、このブログを通じていろいろなことを知ってしまってからは、信仰の真似事すらできなくなってしまいました。
    正しい教祖の教えの万分の一でも、常に心の隅に置いて日々を過ごすことができればいいのかも知れません。ありがとうございました。

  9. 基本

    私はそうやって建てられた神殿を「棺桶」と呼んでいます。棺桶には足を入れないお足も運ばない。
    私は実行しています。
    無駄死にしたかったら、足でもお足でもどうぞ、運んでください。中山みきの逆鱗に触れます。
    この理を大勢に広報してください。棺桶ですよと教えておけば、赤衣装の悪魔はバチを当てます。
    私の名「天理王命」を使って「棺桶をつくり」「棺桶利用で営利をむさぼった」大教会長御一統に、分教会長御一統にバチをきちんと当てます。

    だから棺桶と知った以上、もう手足運んではいけません。 警告です。

  10. 基本

    なぜ棺桶か?
    親神中山みきを、人間中山みきに埋葬したお墓だからです。
    二代真柱は、中山みきの墓には一度も行かなかったと聞きます。
    当然です。
    親神なのに「をや」なのに、神として拝をしてもらえず、「「ご教祖様」扱いの、埋葬に等しきを平然と行った「棺桶屋の山名教理」「深谷教理」は、天理教教団教理の人に害ある猛毒ですが、
    天理の基本教理は、中山みきを親神と拝する、みき姉さんを永遠にお慕いする親神嬉しくなっちゃう、妙薬同等です。
    お筆先さえあれば基本教理は、悟りとれます。
    棺桶に生活する愚をやめたければ、貧ののどん底に手を打って待つみき姉さんとともに、世界ろくぢに向かう事です。
    何も難しいことではない、最低の低所得者で、里の仙人の境地を求めたら、みき姉さんが手を引いてくださいます。
    赤衣の悪魔と契約することです。
    魂を差し上げますので、どうぞお力をお貸しくださいと、契約するのです。基本です。

    悪魔の手先となって、赤衣の悪魔が天罰を与えやすくなるるように、
    そして天罰で偽天理教のみんなが棺桶でご臨終し、天理教団が地場以外は滅してしまうように、呪詛しましょう。
    南無天理王命 南無天理王命 どうぞ 誠は誠、埃は埃と お好きなようにお返しください。

  11. 匿名A

    二代真柱は、ヴァチカン宮殿視察後に、これに負けない建物を造れと、「おやさとやかた」の建設に着手したのが真相とか聞いたことがある。四方正面鏡屋敷かしんないけれど、愚かなことをしたものだ。結果的に教信徒は逃げ出し、大教会始め直轄教会の神殿は「棺桶」とまで酷評されるようでは、「よろづたすけ」の言葉が泣いている。
    教団が教祖を侮辱していると断言してもいいのではないですか。

  12. 匿名です

    私は神殿は親神様の体の一部なのじゃないかと感じる時があります。

  13. 匿名

    私は貧乏教会のムスメでしたが、親が教会を辞めたという事もありいまは離れています。離れて良かった事、そうでなかった事、両方あります。天理教の中に居ても外に居ても、客観的に見ることは大事だと思います。
    今天理教の中枢にいる方々は遠縁もいるし、友人だった方もいます。
    天理教の話題を外部から見聞きする度に小さくとも開かれた組織として、存続してほしいと切に願います。

  14. 匿名

    誰も金儲けで教会長をしていない。金儲けなんか考えてたら人助けなんかできない。教祖の教えで助かってもらいたい。その中のお供えがあるだけである。金儲けしたいなら働けばいい。毎日毎日困っている人がいないか歩きまわり布教している苦労を理解ししてほしい。

  15. 匿名

    本部は親神様おやさま拝んでないからねーそれにお助けどころか大教会はじめ直轄教会から食い物にしようとしてるだけー実は拝金主義の金を拝んでるだけー早く潰れろ異端本部!

  16. 金を欲しがっているのは人間達

    >誰も金儲けで教会長をしていない。金儲けなんか考えてたら人助けなんかできない。教祖の教えで助かってもらいたい。その中のお供えがあるだけである。金儲けしたいなら働けばいい。毎日毎日困っている人がいないか歩きまわり布教している苦労を理解ししてほしい。

    金儲けなんか考えていたら人助け出来ない  助けなくて結構です、求めていませんから。
    まず働いて下さい。布教、苦労と思うならやめなさい、路傍講演、個別訪問迷惑です。
    助かる中にお供えがあると考えている時点で間違っています。

    仕事をして得たお金で、休みの日にお金と時間を使って人の為になる事している人沢山います。

  17. マコ

    匿名
    2月3日8:42 様

    そのお気持ちだけでも素晴らしいですよ。
    その結果としてお供え(生活していくお金)を頂くなら、何もおかしな話ではないですよ。

    私の知ってるある教会の奥さん、困ってる信者さん抱えてるのに、
    「月二万でいいから、バイトしたいんだよね。教会は中途半端に時間が空くでしょ」と求人広告見ていました。
    そして、他の教会の奥さんを名指し「あそこの奥さんは、朝勤めも出ずにコンビニでバイトしてる」と
    口をひん曲げて言ってました。
    でも、その方は日中に、信者さんのおたすけにいっていたそうです。
    2万稼ぐためにバイトに出るつもりならその中途半端な時間信者さんに会いにいけばいいと思う…と思った出来事でした。

    全ては過剰なお供え催促と、人数ノルマのプレッシャーが原因なのでしょうか…

  18. 匿名

    毎日、困っている人を探していては、くろうでおわるのでないですか?
    お道の教えは、そんなものではないはずですよね(*^^*)
    と、思います。が、伝える事も出来ずにいる私です。ごめんなさいm(._.)m

  19. mama

    大正3年に初代真柱様が出直されたのは神様の思惑だそうです。その時点で天理教ではなく中山教に成り下がったそうです。
    神様は見切りを付けられたとも。

    本部はお筆先さえも書き換えた…とも。

    本部関係の出版物は読みません。。

    所属の分教会…大教会によって消されました。

    その後、大教会は火事で焼けました。

    ケンカ両成敗だったのではないか…と。

  20. たいみそ

    芹澤こうじろうの新潮文庫、人間の運命、第一巻、読んでごはん(⌒‐⌒)天理教、絶対に入らないと思うから!!ボケるまで( ^∀^)

  21. 匿名

    賞味まだ100億のお供えが上がってるんやろ!100億上がってて 表統領 中田善亮 は 足りないから「カネのつなぎはお金つなぎ?」など阿保抜かして恥ずかしいわ 流石世間知らずのボンボン しょうじき 身上を潰す大うつけ と評判
    「屋敷をはろおて田売りたまえすってんてんの尊」は中山家がそうなる運命やろな
    おやさま「善亮はん通り返しの道やで~」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。