天理教の教会は道場?

昨晩、ニュースを見ていると天理教の教会で赤ちゃんが死亡したというのが流れた。
私が学生時代に住んでいた場所の近所であることで驚いたのだが、
そこが天理教の教会ということにも驚いた。

http://www.mbs.jp/news/kansai_GE080707230000131575.shtml

この事件については警察の捜査を見守るしかない。

しかしこのニュースで気になる点があった。
それは、アナウンサーが事件の起こった場所を説明するのに「天理教の教会で」と言わずに
「天理教の道場で」と連発していたことである。

天理教の人はどう思うかは分からないが、
世間一般では(宗教的)道場という表現を聞くとたちまち怪しい雰囲気が瀰漫する。
それは紛れもなくオウム以降である。

天理教の内部では教会を道場とは言わないはずである。
また同時に世間一般でも天理教○○教会と見れば、そこは教会と思うだろう。

つまり、今回の報道には恣意的に「教会から道場へ」と表現が変えられた臭いがする。
恣意的というのは私の妄想であろうか。

記事にした記者がいい加減な取材しかしかなったのだろうか。
いや、むしろいい加減な取材の方が「教会」と表現するだろう。
だって天理教の教会には必ず看板があるのだからね。

ということは、記者はかなり徹底した取材のもと
「天理教の教会というのは自己鍛錬の場としての場であるから道場と表現しよう」と
したのだろうか。しかし、徹底した取材によって視聴者に誤解を招くようなレベルの低い表現を
する記者はいないだろう。天理教の教会を教会と表現する方が理解しやすいのは誰でもわかる。
前面に出ている天理教○○教会と表現しないで、
どこにも書いていない道場という表現を敢えて表記する理由は何だろう。

やはり、そこには天理教をよく思っていない編集者なり、デスクなり、上層部がいるのだろう。

私はやはり昼ドラのような裏を読みすぎる妄想的思索が好きなようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【投稿コメントについて】
以下のようなコメントは削除します。通常の迷惑メールに加え、敬語を使わない、10語以内、他者の意見に耳を貸さない、名前を変え何度も同じようなコメントをおこなう、非論理的文章など読者に配慮しないものも含みます。なお1度削除しますと、以降自動的に同じIPアドレスからはコメントできません。悪質な場合は自動的にアクセスブロックとなります。